ホーム >  入試情報【2023年度入学者選抜】 >  新型コロナウイルス感染症などの罹患に伴う注意点の追加事項

入試情報【2023年度入学者選抜】

新型コロナウイルス感染症などの罹患に伴う注意点の追加事項

 各種入試要項に記載された「新型コロナウイルス感染症などの罹患に伴う注意点」について以下を追加いたします。

 

入学者選抜における罹患等の相談体制について

 新型コロナウイルス感染症の影響で本学の入学者選抜や大学入学共通テストが受験できなかった場合には以下の窓口にご相談ください。

お問い合わせ先 嘉悦大学
 0120-970-800
 kikitai@kaetsu.ac.jp

 

新型コロナウイルスを「大学入学共通テスト」の本試験と追試験の両方が受験できなかった場合の例外的な措置について

 「大学入学共通テスト」の本試験と追試験の両方を受験できなかった場合で、以下に該当する方を対象として別日程で行われる本学の一般選抜(独自試験型)への受験に振り替えるか、入学検定料の返還のいずれかを認めます。

①本試験及び追試験のいずれも受験できなかった者
②本試験若しくは追試験のいずれかが受験できなかった者のうち、もう一方の試験も病気、けがの他、やむを得ない理由※により受験できなかった者(※やむを得ない理由については大学入試センターから公表されている「受験上の注意」をご確認ください。)

 新型コロナウイルス以外の病気、けが等を理由として本試験も追試験も受験できなかった場合は、今回の例外的な措置の対象外となります。

 手続等については次項目の「新型コロナウイルス感染症などの罹患に伴う注意点」をご参照ください。

 

本学における「別日程へ受験の振替」、「入学検定料の返還」の際の「診断書」について

 各種入試要項に記載された「新型コロナウイルス感染症などの罹患に伴う注意点」について、一部不足する箇所がございましたので以下の赤字の通りに追記いたします。

新型コロナウイルス感染症などの罹患に伴う注意点

・入学試験当日、以下のいずれかに該当する場合は、他の受験生への感染の恐れがありますので受験をご遠慮ください。また、必ず当該試験が始まる前までにアドミッションセンターまでご連絡ください。
ご連絡がない場合、試験後に下記申請を提出されても受理はできませんので、予めご承知おきください。

1.新型コロナウイルス感染症に罹患した。
2.新型コロナウイルス感染症の濃厚接触者であると保健所等から通知を受けた。

3.「学校保健安全法」で出席停止を定めている感染症(インフルエンザ、百日咳、麻疹、風しん、水痘等)にかかり、医師による「治癒証明書」が発行されていない。
4.試験の前から継続して発熱・咳等の症状がある。(入学試験当日、受付にて実施する体温チェックで発熱がみとめられた場合を含む)
その場合、希望する受験生には下記の措置を行います。

(1)別日程の受験へ振替(追加の入学検定料は不要です)
①「診断書」②「受験票の写し」③「振替受験申請書」(本学ホームページよりダウンロード・印刷し必要事項を記入)、①~③を揃えて、振替を希望する受験の出願期間締切日(当日消印有効)までに簡易書留でアドミッションセンターへ郵送してください。

(2)入学検定料の返還(振替をする試験期がない、治癒していない等で振替受験を望まない場合)
①「診断書」②「受験票の写し」③「入学検定料返還依頼書」(③は本学ホームページよりダウンロード・印刷し必要事項を記入)
④振込先金融機関の口座が確認できるものの写し(金融機関名、支店名、口座番号が記載されているページ等)、①~④を揃えて当該試験日の1週間後を申請締切日として簡易書留でアドミッションセンターへ郵送してください(当日消印有効)。申請締切後はいかなる理由があっても返還しません。

・ 前の項に記載した場合以外は、いったん納入された入学検定料は返還しません。ただし、次の事由による場合は、返還することがあります。

・新型コロナウイルス感染症などに罹患した場合は原則として診断書を求めますが、感染拡大による医療機関の事情等により診断書の発行が困難な場合には前述の相談窓口にお問い合わせください。発熱・咳等の症状が新型コロナウイルス感染症でなかった場合でも診断書は必要です。
また、保健所より濃厚接触者に該当されたと伝えられた場合、診断書は出せませんので前述の相談窓口にお問い合わせください。その際、保健所の名称や保健所から連絡があった月日等の詳細を申告して頂きますので、保健所からの連絡事項は忘れないようにしてください。