ホーム >  研究活動 >  公的研究費の管理・監査体制について

研究活動

公的研究費の管理・監査体制について

公的研究費等の不正防止対策の基本方針

嘉悦大学では、文部科学省より公表された「研究機関における公的研究費の管理・監査ガイドライン(実施基準)」(平成19年2月15日付)に基づき、公的研究費の適正な運営・管理体制について検討し、以下のとおり内容を公表します。今後も公的研究費の不正使用を防止し、適正な運営・管理を行うよう環境の整備等に努めてまいります。      

     令和3年4月1日
 学長 井上行忠

       

1. 機関内の責任体制について

本学の責任体制は次のとおりです。

責任体制 役職名 責任と権限
最高管理責任者 学 長 研究活動及び公的研究費の運営・管理に関する最高管理責任者として、適切にリーダーシップを発揮し、不正行為等の防止に努める
統括管理責任者 大学事務部長 最高管理責任者を補佐し、研究活動及び公的研究費の運営・管理について大学全体を統括する実質的な責任と権限を持つ
コンプライアンス推進責任者 学部長 部局において不正防止策を実施し、実施状況を確認する
研究科長
大学事務部長が指名する事務職員

 

 

2. 適正な運営・管理の基盤となる環境の整備について

事務処理手続き及び使用ルール等に関する機関内外からの相談窓口

 TEL   : 042 (466) 3711
 FAX   : 042 (466) 3701
 E-mail : uao@kaetsu.ac.jp
 嘉悦大学 大学事務部
  ※電話による受付時間は、平日9時~17時まで

 

 

3. 不正を発生させる要因の把握と不正防止計画の策定・実施について

大学事務部を「不正防止計画推進部署」とし、最高管理責任者のリーダーシップの下、不正使用の防止に努めます。

令和2年度嘉悦大学における公的研究費不正防止計画について

 

 

4. 研究費の適正な運営・管理について

1.適切な物品管理として、大学事務部による検品検収を徹底します。

2.本学の教職員と共謀し、不正な取引に関与した業者に対し、最高管理責任者は取引停止等の処分を行います。

 

 

5. 情報の伝達を確保する体制について

公的研究費の不正使用に関する通報及び告発受付窓口を設置し、その情報が最高管理責任者に適切に伝達される体制を構築しました。

 

通報及び告発受付窓口

TEL   : 042 (466) 3711
FAX   : 042 (466) 3701
E-mail : uao@kaetsu.ac.jp
住所  :〒187-8578 東京都小平市花小金井南町2-8-4
     嘉悦大学 大学事務部内 公益通報受付担当者
     ※電話による受付時間は、平日9時~17時まで
     ※FAX、メールによる通報(告発)は、情報を正確に把握するために以下の様式をご使用ください

      通報申立書様式(word)


対象

公的研究費の不正行為に関するもの

 

留意事項

通報及び告発は、原則、顕名で行うこととし、不正を行った研究者及び研究グループ、不正行為の態様、事案の内容が明示され、かつ不正とする科学的合理的理由が示されているもののみ受け付けます。

匿名による通報は、通報の内容に応じ、顕名の通報があった場合に準じた取扱いをします。

調査の結果、通報等の内容が悪意に基づくことが判明した場合、通報者の氏名の公表や懲戒処分等、必要な措置を執ります。

公的研究費の不正使用に関する通報(告発)情報伝達図


 

6. モニタリング体制について

不正の発生の可能性を最小にすることを目指し、機関全体の視点からモニタリング・監査を監査部が主体となり実施するほか、体制の不備の検証も行います。なお、監査にあたっては必要に応じ不正防止計画推進部署が協力して実施します。

 

 

7. 参照規定

嘉悦大学及び嘉悦大学大学院における研究活動上の不正行為の防止等に関する規程

嘉悦大学における研究者等の行動規範

公的研究費取扱規程