経営経済学部総合型選抜

 総合型選抜とは学力検査以外の方法で受験者の能力・意欲・適正等を多面的・総合的に評価・判定して選抜する方法です。
 出願条件の制約が少ないため学校推薦型選抜や一般選抜では能力や意欲を発揮しにくい方に適しています。

総合型選抜(事前課題方式)

総合型選抜(事前課題方式)とは?

 「嘉悦大学でこれを学びたい」「大学でこんなことに取り組んでみたい」という熱意を、志望理由書と面接で伝えることで選抜する方法です。

日程と募集定員

試験種別 総合型選抜(事前課題方式)
1期 2期 3期 4期 5期 6期
募集定員 30
出願期間-始 2024年9月10日(火) 2024年9月30日(月) 2024年11月1日(金) 2024年12月1日(日) 2024年12月23日(月) 2025年1月29日(水)
出願期間-終 2024年9月19日(木) 2024年10月10日(木) 2024年11月14日(木) 2024年12月8日(日) 2025年1月7日(火) 2025年2月8日(土)
試験日 2024年9月29日(日) 2024年10月20日(日) 2024年11月24日(日) 2024年12月15日(日) 2025年1月13日(月) 2025年2月20日(木)
合否発表日 2024年11月1日(金) 2024年11月1日(金) 2024年11月29日(金) 2024年12月20日(金) 2025年1月17日(金) 2025年3月1日(土)
手続締切日 2024年11月11日(月) 2024年11月11日(月) 2024年12月9日(月) 2025年1月7日(火) 2025年1月27日(月) 2025年3月11日(火)

出願資格

 以下1~5のいずれかの入学資格を満たし、さらに①~②の要件を全て満たす者

  1. 高等学校(中等教育学校の後期課程を含む。以下「高等学校等」という)を卒業した者または、2025年3月31日までに卒業見込みの者
  2. 通常の課程による12年の学校教育を修了した者または、2025年3月31日までに修了見込みの者
  3. 文部科学大臣が高等学校の課程と同等の課程を有するものとして認定した在外教育施設の当該課程を修了した者または、2025年3月31日までに修了見込みの者
  4. 専修学校の高等課程(修了年限が3年以上であることその他文部科学大臣が定める基準を満たすものに限る)で文部科学大臣が別に指定するものを文部科学大臣が定める日以後に修了した者または、2025年3月31日までに修了見込みの者
  5. 高等学校卒業程度認定試験規則による高等学校卒業程度認定試験に合格した者または、2025年3月31日までに合格見込みの者で、大学入学時に18歳に達する者(大学入学資格検定規程による大学入学資格検定に合格した者を含む)

①本学のアドミッションポリシーを理解している者
②本学を第一志望(専願*1)とし、合格した場合本学に入学することを確約できる者

*1 本学の別の入学者選抜に出願いただけます。

選考方法

 学部のアドミッションポリシーに基づき、志望理由書(50点)と面接(50点)、口頭試問(50点)の結果(150点)を、出願書類を参考に総合的に評価する。
 面接/口頭試問は15分程度とし、面接から始め、途中5分を目途に口頭試問を行います。
 面接の際、当日に配布する本学アドミッションポリシーを記載した文書を手持ち資料とすることができます。

  1. 志望理由書(800字)
  2. 面接
  3. 口頭試問

※異なる期に再受験が可能です。その際「志望理由書」は再提出が必要です。

口頭試問の課題

 以下の課題について試験当日に口頭で説明・質疑応答ができるよう準備してください。

  • SDGsの17の目標のうち最も関心のある目標を一つ挙げてください。そのうえで、その目標の達成のためにどのような取り組みをしたらよいかあなたの考えを聞かせてください。

 試験当日の口頭試問には上記の準備に用いた自分で作成した資料(紙媒体*1)の持ち込みを許可します。
*1 自筆、またはPC等で作成してプリントアウトした紙媒体の資料に限ります。
  刊行された書籍などは含みません。

総合型選抜(自己推薦方式)

総合型選抜(自己推薦方式)とは?

 高校時代の様々な体験を文章にまとめて自己推薦することで選抜する方法です。

日程と募集定員

試験種別 総合型選抜(自己推薦方式)
1期 2期 3期 4期 5期 6期
募集定員 40
出願期間-始 2024年9月10日(火) 2024年9月30日(月) 2024年11月1日(金) 2024年12月1日(日) 2024年12月23日(月) 2025年1月29日(水)
出願期間-終 2024年9月19日(木) 2024年10月10日(木) 2024年11月14日(木) 2024年12月8日(日) 2025年1月7日(火) 2025年2月8日(土)
試験日 2024年9月29日(日) 2024年10月20日(日) 2024年11月24日(日) 2024年12月15日(日) 2025年1月13日(月) 2025年2月20日(木)
合否発表日 2024年11月1日(金) 2024年11月1日(金) 2024年11月29日(金) 2024年12月20日(金) 2025年1月17日(金) 2025年3月1日(土)
手続締切日 2024年11月11日(月) 2024年11月11日(月) 2024年12月9日(月) 2025年1月7日(火) 2025年1月27日(月) 2025年3月11日(火)

出願資格

以下1~5のいずれかの入学資格を満たし、さらに①~②の要件を全て満たす者

  1. 高等学校(中等教育学校の後期課程を含む。以下「高等学校等」という)を卒業した者または、2025年3月31日までに卒業見込みの者
  2. 通常の課程による12年の学校教育を修了した者または、2025年3月31日までに修了見込みの者
  3. 文部科学大臣が高等学校の課程と同等の課程を有するものとして認定した在外教育施設の当該課程を修了した者または、2025年3月31日までに修了見込みの者
  4. 専修学校の高等課程(修了年限が3年以上であることその他文部科学大臣が定める基準を満たすものに限る)で文部科学大臣が別に指定するものを文部科学大臣が定める日以後に修了した者または、2025年3月31日までに修了見込みの者
  5. 高等学校卒業程度認定試験規則による高等学校卒業程度認定試験に合格した者または、2025年3月31日までに合格見込みの者で、大学入学時に18歳に達する者(大学入学資格検定規程による大学入学資格検定に合格した者を含む)

①本学のアドミッションポリシーを理解している者
②本学を第一志望(専願*1)とし、合格した場合本学に入学することを確約できる者

*1 本学の別の入学者選抜に出願いただけます。

選考方法

 学部のアドミッションポリシーに基づき、志望理由書(50点)と面接(50点※自己推薦書の質疑を含む)の結果(100点)を、出願書類を参考に総合的に評価します。
 面接は15分程度とし、面接の中で自己推薦書の内容を踏まえた質問を行います。なお、受験者は提出する志望理由書/自己推薦書のコピーを持ち込むことができます。
 また、面接の際、当日に配布する本学アドミッションポリシーを記載した文書を手持ち資料とすることができます。

  1. 志望理由書/自己推薦書(800字/600字)
  2. 面接(志望理由書/自己推薦書の内容を踏まえた質疑あり)

※異なる期に再受験が可能です。その際「志望理由書/自己推薦書」は再提出が必要です。

自己推薦書の題目

 高校時代(中学校卒業から現在まで)における以下のいずれかに関する自己推薦、或いは本学において2024年度に開催したオープンキャンパスの模擬授業での体験のいずれかを文章で表現をして下さい。

【自己推薦】

  • 部活動・生徒会活動等での努力・経験
  • ボランティアなどの課外活動での努力・経験
  • 地域のクラブチーム(スポーツやeスポーツ、囲碁・将棋などの競技全般)などでの努力・経験
  • 様々な創作、音楽等の演奏・歌唱・ダンス、動画編集、コンピュータプログラム制作などの活動での努力・経験
  • 従事したパートタイム(アルバイト)・インターンシップなどの就業体験での努力・経験
  • 資格取得を目指した際の努力・経験

【模擬授業での体験】

  • 本学オープンキャンパスにおける模擬授業での体験

総合型選抜(プレゼン方式特待生・併願)

選抜の目的

 総合学習や探究活動などをプレゼンテーションして、他の模範となりうる者を特待生に迎えることを目的とした入試です。

日程と募集定員

試験種別総合型選抜(プレゼン方式特待生・併願)
募集定員5
出願期間-始2024年9月30日(月)
出願期間-終2024年10月10日(木)
試験日2024年10月20日(日)
合否発表日2024年11月1日(金)
手続締切日2024年11月11日(月)

出願資格

以下1~5のいずれかの入学資格を満たし、さらに①の要件を満たす者

  1. 高等学校(中等教育学校の後期課程を含む。以下「高等学校等」という)を卒業した者または、2025年3月31日までに卒業見込みの者
  2. 通常の課程による12年の学校教育を修了した者または、2025年3月31日までに修了見込みの者
  3. 文部科学大臣が高等学校の課程と同等の課程を有するものとして認定した在外教育施設の当該課程を修了した者または、2025年3月31日までに修了見込みの者
  4. 専修学校の高等課程(修了年限が3年以上であることその他文部科学大臣が定める基準を満たすものに限る)で文部科学大臣が別に指定するものを文部科学大臣が定める日以後に修了した者または、2025年3月31日までに修了見込みの者
  5. 高等学校卒業程度認定試験規則による高等学校卒業程度認定試験に合格した者または、2025年3月31日までに合格見込みの者で、大学入学時に18歳に達する者(大学入学資格検定規程による大学入学資格検定に合格した者を含む)

①本学のアドミッションポリシーを理解している者

※他の大学を併願いただけます。

選考方法

 学部のアドミッションポリシーに基づき、志望理由書(50点)と面接(50点)、プレゼンテーション(50点)の結果(150点)を、出願書類を参考に総合的に評価します。
 面接の際、当日に配布する本学アドミッションポリシーを記載した文書を手持ち資料とすることができます。

  1. 志望理由書(800字)
  2. 面接(10分程度)
  3. プレゼンテーション(5分程度の説明の後、面接官による質疑があります)
    プレゼンテーションは以下のいずれかの方法とします。
    • 資料を作成し、面接官に配布する。
    • Microsoft® PowerPoint®を用いてプロジェクター投影する。
    • 画用紙にまとめたものを用いる。

※Microsoft® PowerPoint®は米国およびその他の国におけるMicrosoft Corporationの登録商標、商標またはトレードマークです。

プレゼンテーションの課題

 以下のいずれかの題目について試験の前までに資料を作成し、試験当日に資料を用いてプレゼンテーションをして下さい。

  • 高校時代に行ってきた総合学習や探究活動について
  • あなた自身が起業家になるために身に付けたいことについて

特待生奨学金制度

 選抜の成績によって特待生奨学金制度に基づく4区分のいずれかを選考します。なお、成績によっては適用のない「免除なし合格」となる場合もあります。

総合型選抜(創立120周年記念女子特待生)

選抜の目的

 本学創立者の嘉悦孝は校訓「怒るな働け」を基本精神として、「家庭婦人は一家の経営担当者であり、豊かな家庭を築くには高度な経済知識は欠かせないものである」との信念から、豊かな教養と高い経済知識を備えて実社会に貢献する女性を養成することを目的として本学の前身である私立女子商業学校を創立した。この創立者の精神を受け継ぎ、創立120周年を迎えた現代社会において、在学中に身につけた豊かな教養と高い経済知識を活かして将来社会に貢献したいという意欲をもつ女性を特待生として迎えることを目的として本入学者選抜を実施します。

日程と募集定員

試験種別総合型選抜(創立120周年記念女子特待生)
募集定員10
出願期間-始2024年9月30日(月)
出願期間-終2024年10月10日(木)
試験日2024年10月20日(日)
合否発表日2024年11月1日(金)
手続締切日2024年11月11日(月)

出願資格

以下1~5のいずれかの入学資格を満たし、さらに①~②の要件を全て満たす女子

  1. 高等学校(中等教育学校の後期課程を含む。以下「高等学校等」という)を卒業した者または、2025年3月31日までに卒業見込みの者
  2. 通常の課程による12年の学校教育を修了した者または、2025年3月31日までに修了見込みの者
  3. 文部科学大臣が高等学校の課程と同等の課程を有するものとして認定した在外教育施設の当該課程を修了した者または、2025年3月31日までに修了見込みの者
  4. 専修学校の高等課程(修了年限が3年以上であることその他文部科学大臣が定める基準を満たすものに限る)で文部科学大臣が別に指定するものを文部科学大臣が定める日以後に修了した者または、2025年3月31日までに修了見込みの者
  5. 高等学校卒業程度認定試験規則による高等学校卒業程度認定試験に合格した者または、2025年3月31日までに合格見込みの者で、大学入学時に18歳に達する者(大学入学資格検定規程による大学入学資格検定に合格した者を含む)

①本学のアドミッションポリシーを理解している者
②本学を第一志望(専願*1)とし、合格した場合本学に入学することを確約できる者

*1 本学の別の入学者選抜に出願いただけます。

選考方法

 学部のアドミッションポリシーに基づき、志望理由書(50点)と面接(50点)、プレゼンテーション(50点)の結果(150点)を、出願書類を参考に総合的に評価します。
 面接の際、当日に配布する本学アドミッションポリシーを記載した文書を手持ち資料とすることができます。

  1. 志望理由書(800字)
  2. 面接(10分程度)
  3. プレゼンテーション(5分程度の説明の後、面接官による質疑があります)
    プレゼンテーションは以下のいずれかの方法とします。
    • 資料を作成し、面接官に配布する。
    • Microsoft® PowerPoint®を用いてプロジェクター投影する。
    • 画用紙にまとめたものを用いる。

※Microsoft® PowerPoint®は米国およびその他の国におけるMicrosoft Corporationの登録商標、商標またはトレードマークです。

プレゼンテーションの課題

 以下より1つを選択して、試験の前までに資料を作成し、試験当日に資料を用いてプレゼンテーションができるように準備してください。

  • 大学卒業後にどういう分野でどのような活躍をし、社会にどのような貢献をしたいと考えているか
  • 社会で活躍する女性のなかで、あなたが素晴らしいと考える女性を一人取り上げ、どの点が素晴らしいと考えるか。その女性のどういう点を学びたいと考えるか
  • SDGsの17の目標から女性にかかわるものを一つ選び、その目標が挙げられた背景、実現に向けて始まった取り組み、その取り組みが困難な理由をそれぞれ説明しなさい。
  • 本学の創立者嘉悦孝が遺した校訓「怒るな働け」について調べ、具体例を挙げながら説明しなさい。

特待生奨学金制度

 選抜の成績によって特待生奨学金制度に基づく4区分のいずれかを選考します。なお、成績によっては適用のない「免除なし合格」となる場合もあります。

総合型選抜 共通事項

出願書類

  1. 入学志願票
  2. 出願資格を証明する書類
    • 高等学校:出身学校長が作成した「調査書」
    • 特別支援学校:出身学校長が作成した「調査書」
    • 在外教育施設:修了(見込)証明書
    • 専修学校の高等課程:卒業(見込)証明書あるいは修了(見込)証明書
    • 高卒認定試験:合格証書のコピーまたは合格(見込)成績証明書
  3. 志望理由書、志望理由書/自己推薦書
    • 事前課題方式、プレゼン方式特待生・併願、創立120周年記念女子特待生:志望理由書
    • 自己推薦方式:志望理由書/自己推薦書
  4. 欠席理由書(所定用紙あり)
    • 提出は3年次1学期(2期制もしくは中等教育学校はこれと同等のもの)までの欠席日数が25日以上の者に限ります。
      在籍学校で作成されたものに限ります。
  5. スクーリングの実施日数と出席(スクーリング)日数及び出席率(3年次1学期まで)
    • 提出は通信制課程の卒業生又は、在学生の者に限ります。
  6. 前籍校の欠席日数
    • 提出は通信制課程の卒業生又は、在学生の者で前籍校がある場合に限ります。但し、調査書に記載がある場合は不要です。
  7. 入学検定料割引券(申請する場合のみ)

入学検定料

 35,000円

地方居住者の入学検定料優遇制度

 居住地が東京都(島しょ部を除く)、千葉県、埼玉県、神奈川県でない場合は入学検定料を無償とします。調査書に記載された居住地で判別します。

オープンキャンパス参加者の入学検定料優遇制度

嘉悦大学において2024年度に開催するオープンキャンパスに参加した場合、学校推薦型選抜及び総合型選抜の入学検定料35,000円を無償とします。
 オープンキャンパスに参加した際に割引券を配布しますので、出願提出書類としてご提出ください。

入学試験要項・入試必要書類等

項目ダウンロード
入学試験要項PDF
インターネット出願マニュアルPDF
志望理由書(所定用紙)PDF
志望理由書/自己推薦書(所定用紙)PDF
欠席理由書(所定用紙)PDFPDF(フォーム式)
スクーリングについての書類【通信制の高等学校の卒業生または在学生のみ】PDFPDF(フォーム式)

PDF(フォーム)を利用するにはアドビシステムズ社のAdobe Reader(無償)が必要です。
下記のアイコンをクリックし、最新版をダウンロードしてインストールしてください。
すでにAdobe Readerをお持ちの方もバージョンを確認し、最新版にアップデートされることを推奨します。

インターネット出願

出願は以下の外部サイトより行ってください。

 総合型選抜は受験生毎に面接時間が異なります。面接時間は出願締切後に全体の受験者数を確認してから予定を組み、その後に各受験生の集合時間を決めます。受験票には集合時間を記載します都合、発行は出願期限から数日後となりますので予めご承知おきください。

pagetop