ホーム >  大学案内 >  キャンパス概要

大学案内

キャンパス概要

嘉悦大学は、西東京に広がる武蔵野の自然が残る美しい街「小平市・花小金井」にあります。緑豊かな清々しい環境にとけ込んだキャンパスは、学生にも「気持ち良く学べる環境」として愛されています。

greencampus_photo_15

キャンパス内の建物・施設について

本学キャンパスは、AからFの6棟の建物とグランド、およびその付帯施設で構成されています。
学生が授業を受ける教室の他に、専任教員のいる研究室、事務職員のいる各事務センター・窓口、ラウンジやコンビニなど、機能によってそれぞれの場所に分かれています。

A棟

教室棟。北側の教室はおもに講義教室として使用しています。南側の教室は、少人数の授業に多く利用されています。
グループワークなど学生同士がコミュニケーションを取りながら学べる教室「KALC “Kaetsu Active Learning Classroom”」があります。
PCサポートを行うヘルプデスクと情報メディアセンターもA棟にあります。


B棟

1階は情報メディアセンタ-図書館とカエツホール(B110教室)で構成されています。
2階には学生支援センターがあり、学生の各種相談窓口となっています。


 

C棟

1階にはフリースペース「さくらラウンジ」、2階には「ラウンジC2R」があります。3階は大学院フロアです。

D棟

「嘉悦記念体育館」と呼ばれる建物で、体育施設の他、シャワー室などがあります。

E棟

研究室棟。1階は会議室、2・3階は専任教員の研究室があります。

F棟

1階にはキャリア・就職支援センター、2階にはアドミッションセンターがあります。

 

大学入り口近辺

 

2021年10月リニューアル/B棟横のコンビニ前広場「ルミテラス(LUMI-terrace)」


 

2021年12月リニューアル/C棟1階「さくらラウンジ」


学友会で利用できるスペースと個人作業ができるワークブースもあります。

 

建物の耐震化率

嘉悦大学の耐震化率は、100%です。(2019年4月1日現在)

 

日本私立大学振興・共済事業団「私立学校校舎等実態調査」に基づき、算出しております。
【(①+②)÷③=耐震化率】

 ① 新築年月日が1981(昭和56)年6月1日以降の建物
   11,258 ㎡
 ② 新築年月日が1981(昭和56)年5月31日以前で、耐震性能を有している建物
   0 ㎡
 ③ 調査対象建物延床面積合計
   11,258 ㎡
 

( ① 11,258 ㎡ + ② 0 ㎡ )÷ ③ 11,258 ㎡ = 100%