ホーム > 新着情報 > 【新型コロナウイルス感染症関連】緊急事態宣言を受けた本学の授業実施方針等について(4回目の緊急事態宣言の発令を受けて)

新着情報

【新型コロナウイルス感染症関連】緊急事態宣言を受けた本学の授業実施方針等について(4回目の緊急事態宣言の発令を受けて)

2021/07/09

緊急事態宣言を受けた本学の授業実施方針等について
(4回目の緊急事態宣言の発令を受けて)

嘉悦大学学長
井上 行忠
2021年7月9日

東京を中心とする首都圏において、新型コロナウイルス感染症の流行拡大の恐れがあることから、東京都に4度目の緊急事態宣言が発令されたことを踏まえ、7月12日(月)から7月30日(金)の期間の授業を、すべてオンライン授業として実施することを決定いたしました。

本学における「対面授業」は十分な感染防止対策をとって実施しており、これまで授業内やキャンパス内での感染は一切発生していません。しかし、全国への感染拡大を波及させないために人流の抑制を図ろうとする「緊急事態宣言」の趣旨を受け止め、公的機関としての社会的な責任を果たすべく、このような決定をするにいたりました。ご理解とご協力のほど、よろしくお願いいたします。

 

1.授業の実施方針
現在「対面授業」として実施している授業は、14回目まで(7月12日(月)から7月21日まで)は「オンライン授業」として実施いたします。15回目(7月24日(土)から7月30日(金まで)は、オンディマンド型の「オンライン授業」となります。

なお、現在オンディマンド型の「オンライン授業」として実施している授業は、15回目までオンディマンド型の「オンライン授業」を継続します。

個々の授業の受講の仕方については、授業担当の教員が、「学ナビ」の「授業情報」>「授業資料」に掲示します。

 

2.学友会クラブ活動の自粛

7月12日(月)~8月22日(日)の期間の学友会のクラブ活動は、オンライン上での活動を除き、学内・学外ともに原則禁止します。合宿や対外試合も原則禁止します。 但し、近日中に公式戦などが予定されているなど特段の理由がある場合は、特別に活動を認める場合もあります。個別に学生支援センターにご相談ください。

 

3.キャンパスへの入構制限

7月12日(月)~8月22日(日)の期間は、事前予約がある場合を除いて、学生、学外者の入構を禁止します。
学生向けサービスは原則としてオンラインで提供し、対面の必要がある場合のみ事前予約制のもとで対面でのサービスを提供します。