ホーム >  在学生・保護者の方へ >  緊急時 >  災害の対策

在学生・保護者の方へ

災害の対策

災害の対策

 災害時には交通、通信網の混乱等、さまざまなことが想定されます。したがって学内の避難経路や、大学から自宅までの徒歩による経路、また家族との連絡をとるための災害用伝言ダイヤル等を、日頃より確認し把握するようにしてください。学内の避難経路については学内マップに示してあります。また、大学から配付された「学生用地震災害対応マニュアル」を必ず携帯するようにしてください。

 災害時には教職員の指示に従い、整然と行動してください。

 また、許可なく学内に危険物類・引火性物品を持ち込むことや、火気使用設備や器具を設置および使用することは、予期せぬ事故を引き起こしかねないので、絶対にしないでください。

 災害には火災や地震、雷雨、台風等の他、スズメバチ等による被害も含まれます。

 火災やスズメバチ等を発見した場合には、学生支援センターまたは教職員に速やかに通報してください。

 また、いずれも慌てず騒がないことが大切ですので、発生時には落ち着いて対処できるよう普段より心がけておいてください。

 地震が発生した場合、それが大規模なものほど、頭上のものが落下してくる危険性が高くなります。したがって、室内であれば机等の下に隠れ、屋外であればカバンや本等で頭部を守りながら、揺れが収まってからグラウンドに避難してください。絶対にエレベータ等を使用しないでください。

 

資料請求

webパンフレット

入試情報