ホーム >  情報の公表 >  障がい学生への支援

情報の公表

障がい学生への支援

1. 障害学生支援に関する基本方針

2. 大学等の入試における配慮の内容

   3. 施設のバリアフリー化の状況

本学では、障がいを有する学生、教員、職員等の利用を想定し、バリアフリー環境の整備を行っている。A棟(教育棟・講義室の多くが集中している。2階建)の上下を車いすで移動できるようにスロープを設置し、車いす用トイレはE棟1階に設置している。施設のバリアフリー化については現在途上にあるため、本学のキャンパス整備プロジェクトにおいても、適切に計画を策定し、環境整備を果たすこととしている。

 

   4. 学生に対する支援内容・支援体制・支援事例

1)聴覚障がい者への支援状況

 (ア) アドバイザによる個別面談、状況の把握
 (イ) 「聴覚障がい者対応ハンドブック」の作成と教職員への配布
 (ウ) 教員説明会の実施による全教員間での共有化
 (エ) 情報保障
   ①UDトーク(音声認識ソフトウェア)の導入および全ての教室での音響機器との接続整備
   ②ノートテイカーの配置
   ③補聴支援システム(ロジャー)の貸し出し
   ④入学式・卒業式等における手話通訳の実施
 (オ) 障がいのある学生との懇談「ランチ会」の実施

2)精神障がい・発達障がい者への支援状況

 (ア) アドバイザによる個別面談、状況の把握
 (イ) ウェルネスセンター、カウンセリングルームでの面談

 

   5. 障害のある学生受け入れ実績等に関する大学等の情報等

在籍人数  2022年度 聴覚障がい 4名

 

資料請求

webパンフレット

入試情報