ホーム > 新着情報 > 中小企業診断士第1次試験 経営経済学部3年生2名が科目合格しました

新着情報

中小企業診断士第1次試験 経営経済学部3年生2名が科目合格しました

2018/09/27

経営経済学部の3年生2名が、2018年8月4日(土)・5日(日)に実施された「中小企業診断士第1次試験」に科目合格しました。

 

2名は4月から正式に発足した中小企業診断士勉強会での活動および研究会や講義での勉強を組み合わせ、着実に成果をあげてきました。勉強会では、中小企業診断士の資格を保有する教員が過去問題を元にした解説を行い、試験前には模擬テストも実施。また、講座終了後も試験直前まで、自主的に勉強会を続けて試験に臨みました。

 

現在は既に他の科目の合格に向けてスタートを切っています。また、両名の合格に刺激を受けて勉強会の他のメンバーも来年度の合格に向けて熱が入っているところです。

この結果が他の学生への刺激になることを期待しています。

 

※「中小企業診断士」は経営コンサルタントとして唯一の国家資格であり、中小企業の経営課題に対応するための診断・助言を行います。第1次試験・第2次試験のストレート合格率が約4%(平成29年度)という難関資格の一つです。昨年度も経営経済学部の3年生(当時)1名が第1次試験に合格しています。

 

“中小企業診断士勉強会”についての問合せ先:同会顧問 村上(m-murakami@kaetsu.ac.jp)

 

勉強会の活動風景

news18-09-27-01-01-275-183  news18-09-27-01-02-275-183