ホーム > 新着情報 > 嘉悦大学の学部再編成について

新着情報

嘉悦大学の学部再編成について

2018/05/31

 嘉悦学園は、明治36(1903)年の創立以来、115年に亘って経営・経済分野における教育・研究を行ってまいりました。平成13年4月に開学した嘉悦大学では、開学当初からの学部である経営経済学部に加えて、平成24年4月にビジネス創造学部を開設し、また、平成22年4月には大学院ビジネス創造研究科博士前期課程を、平成24年4月には大学院ビジネス創造研究科博士後期課程を開設し、2学部・1研究科の教育体制のもとで、高等教育を日々実践してまいりました。

 他方、わが国では18歳人口の減少が大きな社会問題となっており、これに向けて、本学においても大学組織、学部学科の改革や大学教育の一層の質の向上が急務となっております。特にビジネス創造学部におきましては、実社会でのビジネス経験と教室での学びを組み合わせた「実践重視」の教育を行い、その成果が結実して、卒業後に「即戦力」となりうる人材を輩出してまいりました。しかし、開設時から十分な入学者数を確保することができない状況であり、この間、入学定員の見直し等も行ってまいりましたが、今後、学部運営に支障をきたすことになるおそれもございます。この状況を受け、嘉悦学園は、大学の将来構想について慎重に検討し、平成30年3月30日の理事会において、次の計画を進めることに決定いたしました。

 

1.ビジネス創造学部の学生募集停止と経営経済学部のカリキュラム変更及び収容定員変更

 今後の大学としての在り方、将来像について検討を進めた結果、ビジネス創造学部については平成31年度以降入学者の学生募集を停止し、経営経済学部については収容定員の増加を行い、経営経済学部において開設以来重視してきた「社会・企業に求められる人材育成」に重点化し、教育課程の改革と学生確保を行う計画に至りました。 経営経済学部の収容定員は、現在の830名より370名増の1,200名となる予定ですが、ビジネス創造学部入学者の学生募集を停止するため、大学全体として収容定員の変更はありません。増加する370名は、ビジネス創造学部の収容定員相当数となります。

 

2.ビジネス創造学部の在籍者への現行教育の継続

 本学はビジネス創造学部の平成31年度以降の学生募集を停止いたしますが、学部廃止は平成34年3月を目途として、在籍者が全員卒業されるまで存続いたします。その間は、一人ひとりと向き合い、現行の教育体制や教育環境を継続したうえで、これまで通り教育を全うし、同様に就職支援も行っていくことと致します。また、ビジネス創造学部の教育の理念は、学部廃止後も経営経済学部に発展的に継承してまいります。

 

 ビジネス創造学部の学生募集の停止は、嘉悦大学を規模的にまた質的に高める発展策とご理解賜わり、平成31年度を嘉悦大学が飛躍する礎の年といたしたく念じております。また、勿論のことではございますが、学園創設者嘉悦孝の「怒るな働け」の建学の精神は、永遠に継承してまいります所存です。

 これまで嘉悦大学ビジネス創造学部の教育・研究活動にご理解・ご協力を賜りました関係者の皆様には、深く御礼を申し上げますとともに、今回の決定につきましては、何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

 

平成30年5月31日   

学校法人 嘉悦学園  

理事長 水谷 惟恭

嘉 悦 大 学    

学 長 石川 百代