ホーム > 新着情報 > 第6回ミニFD・IRワークショップを実施しました

新着情報

第6回ミニFD・IRワークショップを実施しました

2018/02/09

2月7日(水)「第6回ミニFD・IRワークショップ」を実施しました。
ワークショップは、全教職員で大学内にある情報を共有し、学生を第1に考えた教育の質を向上させること、指導方針の確認を共有データとともに行うことを目的としています。

第6回目は、就職ケースについて個々に確認・共有をし、多くの教職員の方々にご参加いただきました。

 

日  時: 2018年2月7日(水)教授会終了後17:40~
対  象:全教員(特に初年次教育担当者、ゼミ担当者)、キャリア委員、キャリアセンター職員、学生支援センター職員、アドミッションセンター職員、大学事務局職員
内  容:就職ケース会議(4年生) ver4 

就職が決まっていない学生の進捗について共有するとともに、人数を把握しキャリアセンターと役割を分担し、学内企業説明会への誘導と今後の対応を学部ごとに共有していく。

 

今年度は、年間を通して個々の学生の状況を共有するということを初めて試みました。そうした中で、今後に向けての課題なども見えてきました。
今後も、SD推進検討チームと共同で、IRデータを共有しながら、中退防止等、最適な教学施策に活かされるように、次年度に活かしていきたいと思います。

 

FD・IR・自己点検委員会、SD推進検討チーム

 

1 2