ホーム > 新着情報 > 図書館学生スタッフが第19回図書館総合展でのイベント「第二回全国学生協働サミット」に参加しました

新着情報

図書館学生スタッフが第19回図書館総合展でのイベント「第二回全国学生協働サミット」に参加しました

2017/12/18

11月7日(火)、パシフィコ横浜にて開催された第19回図書館総合展でのイベント「第二回全国学生協働サミット」に、本学学生スタッフLissと図書館職員が参加しました。

今年度2回目となる「全国学生協働サミット」では、学生協働を実施している大学図書館が全国から参加し、学生の活動を紹介するプレゼンテーションやフォーラム・交流会が行われました。

会場内では、学生スタッフLissが作成した活動紹介ミニポスターや図書館利用案内動画も展示されました。

学生の活動を紹介するプレゼンテーションでは、ビジネス創造学部4年の布施千奈さんが登壇し、本学図書館での学生協働の取り組みについて発表しました。Lissが毎年目標を立てて活動していること、今年度は業務改善を実施していることを紹介したところ、「学生が自主的に業務改善を実施していて素晴らしい」と他大学の皆様からも興味を持っていただけました。フォーラム・交流会では、「学生協働のネットワークづくり」と題して、「ヨコのネットワーク」「タテのネットワーク」のサブテーマのもと、各テーマにつき4大学が事例発表を行いました。本学は、サブテーマ「タテのネットワーク」について、学生同士の引継ぎに関する事例発表を行い、GoogleサイトでLiss自身がマニュアルを作成・更新していることや、新入生スタッフ募集の際に無線LAN認証画面に募集ポスターを掲示していることなどを紹介しました。

フォーラム後は、他大学の教職員や学生の皆さんと交流会を行い、学生スタッフ同士で名刺を交換する場面も見られました。

初参加となったLissの布施さんは、「他大学の方と交流できて本当に楽しかったです。プレゼンテーションとフォーラムでは、“imakiku(イマキク)”というその場で意見交換ができるアプリを使用し、リアルタイムで他大学からの意見を聞くことができて今後の参考になりました。」と話していました。

今年度の図書館総合展では、本学学生の活動をアピールできる場にもなり、また他大学の活動を知ることで今後のよりよい活動に繋がるいい機会となりました。

 

17-12-15-03-01 17-12-15-03-02 17-12-15-03-03 17-12-15-03-04 17-12-15-03-05 17-12-15-03-06

図書館総合展
第二回全国学生協働サミット
図書館学生スタッフLissブログ