ホーム > 新着情報 > 「女性のライフデザイン」の授業で、小平はぐくみプロジェクト代表の橋本直子様にご講演いただきました

新着情報

「女性のライフデザイン」の授業で、小平はぐくみプロジェクト代表の橋本直子様にご講演いただきました

2017/11/13

11月8日(水)「女性のライフデザイン」第7回授業で、子育て支援団体・小平はぐくみプロジェクト代表の橋本直子様に講演を行っていただきました。

 

この授業では、男女が互いの良きパートナーとして豊かな人生を歩んでいくために、女性がキャリアを形成する上で向き合う様々な課題を取り上げています。今回は「仕事と子育ての両立」というテーマのもと、各種講座の開講やコミュニティカフェ運営、子育て応援カードの発行等によって子育て支援活動を行っている橋本様にお話を伺いました。

受講した学生からは「将来、出産後はすぐに職場復帰したいと考えていたが、子育てについての知識を身につける時間があっても良いと思った」「自分に子供ができたら、このような産後支援活動に参加して楽しく子育てできるようになりたい」「人のために色々な活動をしてらっしゃる人のことをもっと知りたいと思った」等の感想があり、男子学生からも「女性の大変さを考える良い機会になった」「自分の考えが少し変わった良い経験だった」といった声が聞かれました。

この授業が、社会に巣立つ前に自分自身のキャリア形成の考えや、人生を選び取る心構えを作るきっかけとなることを期待しています。

 

女性のライフデザイン 女性のライフデザイン 女性のライフデザイン

 

*******

「女性のライフデザイン」は、男女ともに生き方、働き方が多様化する中で、特に女性が女性であるがために直面するキャリア形成上の課題に向き合うことが必要、という観点から授業を行っています。経営経済学部の女性教員がオムニバスで担当し、基本的に講義と個人あるいはグループでのワークを組み合わせて進行。各方面で活躍されている女性をゲストスピーカーとしてお招きして講演も実施しています。大学での勉学、卒業、就職や転職、結婚、出産、育児、そして介護と、気になる社会統計(データ)を使いながら学び、最後には各自の20年先の仕事と暮らしを思い描く「私のライフデザイン」を書き上げます。

*******