ホーム > 新着情報 > 第2回ミニFD・IRワークショップを実施しました

新着情報

第2回ミニFD・IRワークショップを実施しました

2017/07/19

全教職員で大学内にある情報を共有し、全体で学生をフォローしていくことで、学生を第1に考えた教育の質を向上させ、指導方針の確認を共有データとともに行うことを目的に、下記内容で「第2回ミニFD・IRワークショップ」を実施しました。

 

日 時:2017年7月12日(水)17:40~
対 象:全教員(特に初年次教育担当者)、アドミッションセンター職員、学生支援センター職員、カウンセラー
内 容:

(1)授業づくりアンケートのフィードバック会
春学期に取得した授業づくりアンケートの全体傾向を見ながら、1.嘉悦大学の授業評価はどのようになっているのか、2.自分の授業が全体と比べてどこに所属しているのか、3.良い授業で気をつけていることは何か、この3つを確認しながら秋学期に向けて何をするべきなのかを考えることを行う。


(2)初年次ケース会議 ver2
第1回ワークショップの初年次ケース会議で確認したタイプ別の学生情報を基に共有し、指導方針を確認し、当該学生の中退を防止し、最適な教学施策を共に考え、導き出す。

 

授業づくりアンケートのフィードバック会では、学生のコメントに真摯に向き合い、他の授業の実例を挙げながらより良い授業づくりを考える機会となりました。初年次ケース会議 ver2では、学生資料に基づいて、第1回目からの改善報告や新たな情報交換を進めました。その中で、春学期の成績発表から秋学期の履修申請までのフォローが重要であることを確認しました。カウンセラーを含め、第1回目以上に多くの教職員にご参加いただき活気ある共有の場になりました。

 

今後も、SD推進検討チームと共同で、IRデータを共有しながら、中退防止等、最適な教学施策に有効に活かされるようにしていきたいと考えております。

 

FD・IR・自己点検委員会

SD推進検討チーム

 

IMG_2558-0  IMG_2553-1  IMG_2557-2