ホーム > 新着情報 > 【学生取材レポート】古閑博美教授 共通特殊講義(秘書検定対策講座)で特別講演が行われました

新着情報

【学生取材レポート】古閑博美教授 共通特殊講義(秘書検定対策講座)で特別講演が行われました

2016/10/19

10月12日(水)、古閑博美教授による共通特殊講義(秘書検定対策講座)では、金融業界より外部講師をお招きし、特別講演が行われました。

 

講師の佐原氏は、金融のプロフェッショナルとして「人々の役に立ちたい」という思いからセミナーなどでご講演をされています。

 

この度は、学生たちへ向けてライフプランや給与明細書の見方についてご講演いただきました。

 

講演では自分の金銭感覚が分かる心理テストを行ったり、実際にライフイベント表や家計予算表を作成したり、学生一人ひとりが参加できる講演でした。履修者の学生たちは自分自身の将来について考え、真剣に取り組んでいました。

 

給与明細書の見方について佐原氏は、社会保険制度や財形貯蓄制度など会社によって導入されている制度が異なり控除額が違うので、「支給よりも控除される項目が重要です」などと計画的なライフプランの立て方について説明してくださいました。

 

夢や目標からライフプランを考え、貯蓄すること自体の意味を考える機会となりました。またこれから社会人になる私たち学生に大変為になるお話をいただき、ライフイベント表から家計予算表まで作成を行い、金銭面を具体化することなどで家計管理への意識が高まりました。

 

共通特殊講義(秘書検定対策講座)はビジネスマナーなどを学ぶ講義であり、佐原氏による講演は経営や経済を学ぶ学生たちにとって、金融業界の方に直接お会いできる貴重な機会となりました。

 

文責:経営経済学部4年 北谷真菜

写真撮影:ビジネス創造学部2年 髙橋史弥

img2 img3 img11