ホーム > 新着情報 > 小平中央公園の灯りまつりに嘉悦大学の学生2団体が参加しました

新着情報

小平中央公園の灯りまつりに嘉悦大学の学生2団体が参加しました

2016/08/24

今回の灯りまつりが初めての出店となった「ALC」は復興支援をしたいという学生が集まってできたサークルで大学の許可を得て活動しています。今回の灯りまつりは、宮城県石巻市の名産である「牛タンつくね串」を販売しました。希望の輪という東北地震の復興支援団体を通して、串400本、47,000円分を仕入れ、そのお金は希望の輪を通して東北地方の復興資金となりました。

学生が小平周辺でボランティア活動をしたいと岩月先生に相談し、岩月先生の協力のもと今回灯りまつりで模擬店を出すことができました。売り上げは募金と復興支援やボランティア活動などの活動資金にあてられます。

001 002-3

 

 

和泉研究会では介護付き有料老人ホーム花こがねいの皆さんと絵付けワークショップを行いました。その灯籠を当日の中央公園に配置し、飾りました。

003 004 005

 

 

また、ふるさと村やたけのこ公園でも嘉悦大学の学生が地域の人と一緒に、ボランティアやプルーベリープリン・ブルーベリーアイスの販売も行いました。