ホーム > 新着情報 > 「地域と産業-商工会の活動について」~嘉悦大学付属地域産業文化研究所の公開講座が行われました

新着情報

「地域と産業-商工会の活動について」~嘉悦大学付属地域産業文化研究所の公開講座が行われました

2015/11/24

 本学付属地域産業文化研究所の客員教授陣による公開講座が始まっています。
 第二回目となる今回の講座は、本学との連携をとても密にされている小平商工会の会長、猪熊勇一客員教授によるものです。題して「地域と産業-商工会の活動について」です。

 

 猪熊氏は、商工会事業について「事業者の経営改善」と「地域社会の発展」の二つを挙げ、ご自身が会長を務める小平商工会での組織体制と取組事例を解説する、とても実践的な講義をしていただきました。

 

 今年度の地方創生と緊急経済対策を兼ねた行政政策による「プレミア商品券」については、「会社が短期間で行う新規事業を実践するようなもの」と話され、この事例から学生たちは、商工会の仕事が行政と緊密な関係にあること、地域事業者との調整や販売方法の企画など、高度な業務構築が求められていることに理解を深めた様子でした。

 

 最後に、「コダイラブランド開発」をはじめ、小平経済フォーラムや小平創業支援事業など本学と連携しながら関わっている事例を挙げて、小平市に位置する大学として、地域・地元自治体への貢献に重きを置く本学の考えに共感の意を表されました。

 

 ※本公開講座は、古閑博美ビジネス創造学部教授(兼.地域産業文化研究所長)の「プロフェッショナルスキルトレーニング2」
  の講義時間内で開講いたしました。
  (実施日:平成27年11月20日(金)/ 実施場所:嘉悦大学A棟216教室)
  本学学生をはじめ、地域にお住まいの皆さま方含めおよそ30名の参加をいただきました。
 ※地域産業文化研究所の企画は、本学 地域産業文化研究所のホームページ でご覧いただけます。