ホーム > 新着情報 > 大学院と学部の「ライブケース」にて吉野家ホールディングス・河村泰貴代表取締役社長にご講演いただきました

新着情報

大学院と学部の「ライブケース」にて吉野家ホールディングス・河村泰貴代表取締役社長にご講演いただきました

2015/11/10

9月26日(土)の大学院「特殊講義(ライブケース)」と、11月6日(金)のビジネス創造学部「ライブケース(中小企業)」において、吉野家ホールディングスの河村泰貴代表取締役社長にご講演いただきました。

河村社長からは、外食産業が置かれている状況や、人が定着しにくい現状を踏まえて、飲食業の地位を向上させていきたいことなどが熱っぽく語られました。

P1080161 P1080202 P1080247

河村社長は、吉野家のアルバイトから社員になり、42歳で東証一部上場企業である吉野家ホールディングスの代表取締役社長に就任されていますが、アルバイトを始めた経緯や若いうちに何をすべきかなどを学生に対して語りかけるとともに、今後吉野家ホールディングスが取るべき経営戦略として"付加価値を上げる3つのキーワード"を提示しました。「人」「健康」「テクノロジー」の3つを組み合わせることで、労働生産性を高めていこうという今後のあるべき姿を語って下さいました。

参加した学生からは「外国人人材の活用」「社長としての仕事内容」「自身のキャリアを踏まえて若者に伝えたいこと」などについての質問が出ていました。