ホーム > 新着情報 > 経営経済学部のサグリバ研究報告会が開催されました

新着情報

経営経済学部のサグリバ研究報告会が開催されました

2015/03/10

2月28日(土)に経営経済学部のサグリバ研究報告会(田尻・細江研究会)が開催されました。

「サグリバ」とは、“地域社会の未来を考えるマーケティング”をテーマに、小平市商工会やJA東京むさしなどと数年間連携してきました。地域の問題点・課題・ニーズについて、いろいろな手法やメディアを組み合わせて調査を実施し、未来の地域活性化に向けた提案を行なっています。単に「調べる」だけでなく、大学の近隣コミュニティの人々の声に耳を傾け、ライフスタイルに密着し、最終的に「コミュニティの未来を創造する」のがこの研究会の目的です。

 

当日の報告会では、まず3年生の「こだCat's」のプレゼンから始まり、3年間サグリバとして研究を行ってきた4年生による、商店街活性化をテーマとした、こだますプロジェクトの「小平商店ゼミ“こだゼミ”の実践研究」、農から見る小平市地域活性化をテーマとした、Tsubomiプロジェクトの「都市型対面販売“マルシェ”の実践」、地域と学生の関わり方をテーマとした、まち♡まっちプロジェクトの「学生の地域活動研究~アクションパターンの制作から~」の報告がありました。各チームとも、調査、研究、資料作成、プレゼンテーションどれも素晴らしいもので、これまでの研究会での取り組みが良くわかるものでした。研究報告の合間には、先輩トークとしてサグリバ卒業生がサグリバで学んだことを話してくれたり、ゲストトークで小平市産業振興課の平林様より「仕事を休んで考えた3つのこと」というテーマでご講演を頂き、NPO法人Mystyle@こだいら代表理事の竹内様よりサグリバの学生へビデオレターを頂きました。

 

教職員や学生、卒業生、小平市役所や商工会など地域の皆様、他大学の先生や企業の方などが参加し、多くのコメントや質疑応答があり、とても有意義な報告会になりました。

 

15-03-10-01-01 15-03-10-01-02 15-03-10-01-03
15-03-10-01-04 15-03-10-01-05 15-03-10-01-06
15-03-10-01-07 15-03-10-01-08 15-03-10-01-09
 15-03-10-01-12  15-03-10-01-13