ホーム > 新着情報 > 新設したアクティブ・ラーニング教室で他大学との遠隔会議を行いました

新着情報

新設したアクティブ・ラーニング教室で他大学との遠隔会議を行いました

2015/03/05

今年度新しく整備したアクティブ・ラーニング教室を利用し、宝塚大学東京メディア・コンテンツ学部の渡邉哲意准教授、田島悠史専任講師及び学生の皆さんと、本学ビジネス創造学部の岡本潤研究会がインターネットを利用した遠隔会議を行いました。

「地域に根ざした映像制作プロジェクト」をテーマに、先日の「嘉悦アカデミー」の受賞映像作品を視聴した上で宝塚大学による京都府木津川でのアートイベントやメディアキャンプ新宿の取り組み事例を
紹介いただき、活発な意見交換を行いました。

新設したアクティブ・ラーニング教室は平成26年度文部科学省私立大学等教育研究活性化設備整備事業のタイプ1「教育の質的転換」に採択され、補助金を受けて整備された施設です。


本学のPBL教育の拠点として、今後も海外や企業とのインターネットを利用した遠隔会議などに利用していく予定です。

嘉悦大学情報メディアセンター

 

宝塚大学東京メディア・コンテンツ学部のニュース記事

 

・双方でWEBカメラ位置の調整中
 OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

・宝塚大学での取り組み事例に耳を傾ける学生

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

・本日のテーマについて説明する岡本潤専任講師

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

・様子を見に来た白鳥准教授

OLYMPUS DIGITAL CAMERA