ホーム > 新着情報 > 授業「魅力的な行動・表現」でエグゼクティブ・セミナーを開催しました

新着情報

授業「魅力的な行動・表現」でエグゼクティブ・セミナーを開催しました

2015/02/04

1月24日(土)に「魅力的な行動・表現」(担当:古閑博美教授)の授業の一環でエグゼクティブ・セミナーを開催しました。

「魅力的な行動・表現」では、生活全般ならびにビジネスに必要な魅力的な行動・表現を具体的な場面と事例に学び、振る舞いの仕方や言葉遣い、他人とのコミュニケーションに不可欠なマナーや技法を学びます。

今回のエグゼクティブ・セミナーでは、三井住友海上火災保険株式会社で社長、CEOなどを歴任され、現在は同社のシニアアドバイザー、 公益財団法人三井住友海上福祉財団理事長の植村裕之氏をお招きしご講演を頂きました。
 

植村氏のお話は、 18歳の頃に出会った本の中の一節に心を惹かれ、毎日メモをつけるようになり今日に至っていることや、大学3年次に必修科目の英語の単位を落とし、留年のピンチで先生に失望されそうになりながらも、1年間休むことなく補習に出席し追試を受け、先生から信頼を取り戻し、就職先を紹介されるほどになったことなど、多彩なお話しを頂きました。「ピンチはチャンス」という言葉がありますが、前向きな思いを抱くことが大事だと植村氏は強調されました。 その後、社会人となったが、入社後2ヶ月で入院。入院生活中に必死に勉強したことが役に立ったということや、自分の評価は他人がすることから、他人から信頼を得ることができる魅力的な人になる、そのためにはどうすればよいか考え続けること、そして実行することが大事で、礼儀正しいことは、社会や職場で評価されることが多く、人間関係にも影響があることなどを具体的にお話頂きました。

また、植村氏は多くの出会いの中から、魅力ある人の特徴を6つ挙げられました。

①公平である

②細心の注意を払う

③決して逃げない、人の嫌がること、避けたいことを自ら進んでやる

④社員に夢を与える

⑤スピードを大事にするため、速断する自信と実力と判断力がある

⑥明るい

講演後には学生からの質問にも丁寧にご回答いただき、とても有意義なセミナーとなりました。


15-02-04-02-01 15-02-04-02-02 15-02-04-02-03