ホーム >  研究活動 >  嘉悦大学付属地域産業文化研究所

研究活動

嘉悦大学付属地域産業文化研究所

嘉悦大学付属地域産業文化研究所

  嘉悦大学付属地域産業文化研究所(以下、研究所という。)は、平成25年4月に設立されました。
  成熟期を迎えたわが国社会経済に活力を与え、地域社会を活性化するため、

  (1)

産業と文化の地域資源の調査・研究・開発を行い、その情報を国の内外に発信、啓発活動を展開すること

  (2)

併せて、地域社会と協力して、産業、文化の各分野に関する理解を深め、地域コミュニティの知の中心として地域の活性化に貢献すること

  (3)

それらの活動を担う人材の育成を図ること

  を目的としています。

  そのため、以下の活動を企画運営します。

 

  (1)

地域の産業・文化資源に関する調査・研究・開発

  (2)

上記に関する学外・地域の諸機関との共同研究

  (3)

研究・調査結果の情報を国の内外へ各種メディアを通じた発信

  (4)

国の内外における人材養成のため、国・地方自治体等と協力して研修会、研究会、講演会、セミナー等を開催、知識、情報の提供

  (5)

地域社会の発展に貢献するため、日本産業や日本の伝統文化に関する公開講座を開催

  (6)

国内外の大学・研究所との交流、情報交換、提携、共同研究等

  (7)

その他、研究所の設立目的に合致する諸活動

 

  本研究所は、所長、所員、客員所員(客員教授、客員研究員、訪問研究員)で構成し、上記の活動の実現に努めます。

 

 

■ 講演会のご案内

2017年11月29日開催講演会のご案内について

2017年6月10日開催講演会のご案内について

 

■ 平成28年度ご報告

平成28年度は、地域交流、学生サービス等の向上を目的として、以下の通り、3点実施しました。

1.早稲田大学名誉教授 川口義一先生をお招きし、日本語教育講座を開講しました。年度末に修了書授与式を行い、その後、本学留学生支援ボランティア一期生のみなさんと活発な意見交換をしました。敬称略。

1-1 日本語教育講座(市民)

 ①目的 留学生支援(ボランティア募集を視野に入れたもの)

 ②実施期間 7月4日、7月8日、7月11日

 ③講師 川口義一(早稲田大学名誉教授)

 ④運営 清水秀子(嘉悦大学経営経済学部教授)

     古閑博美(嘉悦大学ビジネス創造学部教授)

 ⑤受講生 29名(5名が日本語ボランティアとして応募。秋学期に活動)

 ⑥受講費 無料

 ⑦その他 

 受講生に「修了書」授与

 平成29年2月15日1400~1600、A棟115教室において授与式と意見交換会を実施した。

   本学より、清水秀子、古閑博美が出席。

 

2.日本語教育講座受講生を対象とした「世界のお茶」講座

2-1 日本語教育講座受講生対象特別講座(市民)

 ①日時 平成28年9月21日  1500~1700

 ②講師 鈴木康夫(つねお)氏(小平商工会副会長、有限会社鈴木園社長)

 ③内容 「日本のお茶について、種類や入れ方、楽しみ方」

 ④場所 E棟食堂

 ⑤参加費 無料

 ⑥学内参加者 石川百代学長、清水秀子教授、学生ボランティア、古閑博美

 ⑦その他

 講師による講義と実演のあと、世界各地のお茶をお菓子と一緒に楽しんだ。

   日本(含抹茶)、ベトナム、中国、ネパールなど。

 

3.美術ジャーナリスト、本学客員教授 斎藤陽一先生による教養講座(学生・市民)

 ① 平成28年11月2日「浮世絵の魅力-歌川広重『東海道五十三次』の美学」(A棟204教室。3限)

 ② 平成28年11月2日「浮世絵の魅力-喜多川歌麿・魅惑の美人大首絵」(A棟203教室。4限)

 ※受講料は無料

 

4.その他

本学付属経営経済研究所(所長 跡田直澄)企画「江東の夕べ 嘉悦8孝」第6回に、古閑博美が登壇。「日本の文化力」と題して講演した。平成29年1月13日、深川江戸資料館小劇場、1820~1940

 

 

20170215地域産業文化研究所修了書授与 (1) koga

 

 

所長メッセージ

  本研究所所長に就任しました、嘉悦大学経営経済学部教授 井上行忠と申します。前任者の活動を引き継ぎ、地域に開かれた嘉悦大学の研究機関として、その使命を果たしたいと存じております。
  国際化や少子高齢化、社会のボーダーレス化が進むなか、小平市から有意な情報発信をすべく取り組んでまいります。  地域のみなさまとの距離が近い研究所として活動してまいりたく、ご意見とともにご支援ご協力のほど、宜しくお願い申し上げます。

 

嘉悦大学地域産業文化研究所 所長 井上行忠