ホーム > 新着情報 > AED(自動対外式除細動器)の講習会を行いました

新着情報

AED(自動対外式除細動器)の講習会を行いました

2015/10/21

平成27年10月21日(水)キャリアデーのプログラムに組み込んでいただき、掲題の講習会を開催いたしました。 当日は、東京消防庁小平消防署の5名の署員の方を講師にお招きし、講習を行いました。 2回に分けて行われ、参加者は合わせて約40名でした。 内容は、倒れている人を見つけたら、 ①肩をたたきながら声をかける「大丈夫ですか?」(3回ほど) ②反応が無かったら、大声で助けを求め、119番とAED搬送を依頼する ③呼吸を確認する ④普段どおりの呼吸が無かったら、すぐに胸骨圧迫(心臓マッサージ)を行う *かつては、人工呼吸を併せて行っていたが、最近は感染症などの関係で行わなくなった ⑤AEDが到着したら  ・電源を入れる → 電極パッドを胸に貼る → 電気ショックの必要性は、AEDが判断   → ショックボタンを押す この流れをチームに分かれて実施しました。 スーツ姿の学生たちでしたが、非常に真剣に取り組んでいたのが好印象でした。 不測の事態に遭遇したときに、今日の講習を役立ててくれることを期待します。 東京消防庁小平消防署の皆様、ありがとうございました。20151021_1 20151021_2 20151021_3 20151021_4