ホーム >  在学生・保護者の方へ >  ゼミナール・研究会情報 >  経営経済学部 >  2015年度入学者 >  専門ゼミナール(コース別選択可能一覧)紹介 >  飯野 幸江

在学生・保護者の方へ

飯野 幸江

担当教員名

飯野 幸江(イイノ ユキエ)

 

専門ゼミナールのテーマ

会計学研究

 

自己紹介

 武蔵野市に生まれ、西東京市(旧保谷市)で育ちました。北海道の短大で教えていた10年間を除き、ずっと西東京市に住み続けています。そのため田無駅やひばりヶ丘駅周辺でしばしば目撃されているようですが、その際には遠くから見ていないで声をかけてくれると嬉しいです。
 研究は、大学2年の時に会計学のゼミナールに所属してから会計学一筋です。専門は日本会計史で、江戸時代からの三井の会計を中心に研究しています。また、これと併行して社会関連会計についても研究しています。会計情報を見て分析するのが大好きで、この面白さを多くの皆さんに伝えていきたいと思っています。”

 

専門ゼミナール1~6の概要紹介

 会計学は積み重ねが重要な学問です。本ゼミナールの最終的な目的は「会計学を究める」ことです。そのために以下のプロセスを経て学習を積み重ねていきます。
◆専門ゼミナール1・2
 会計学研究の第1歩として、会計学の基本的な文献を輪読します。これによって会計学の基本的な考え方(基本理論)と基礎知識を身に付けてもらいます。
◆専門ゼミナール3・4
 会計学への理解を深めるために、ゼミ生それぞれに特定の企業の財務諸表を選んでもらい、その内容を検討していきます。これによって財務諸表から企業の経営状態を読み取る力を養うとともに、実在する企業の財務諸表に触れることで、「活きた会計学」を学んでいきます。
◆専門ゼミナール5・6
 4年間の学生生活の集大成として卒業論文の執筆に取り組んでもらいます。

 

専門ゼミナールを開講するコース

企業経営コース, マーケティング・商業コース, 会計ファイナンスコース

 

履修の際の留意点

 「成績評価の基準・方法」にあるように、本ゼミナールではゼミナールへの取組姿勢を重視します。ゼミナールへの取組姿勢とは、出席はもちろんのこと、課題への取組姿勢、提出物、授業中の質問や発言などのことです。

 

成績評価の基準・方法

1.ゼミナールへの取組姿勢(60%)
2.発表内容(20%)
3.レポート(20%)
4.合宿(+α)

 

関連して履修することが望ましい科目

 関連して履修することが望ましい科目は、「会計学1・2」、「原価計算論1・2」、「財務会計論1・2」、「管理会計論1・2」です。その他、各自が必要だと思う会計・経営科目を積極的に履修して下さい。

 

希望する履修学生像

 会計学は積み重ねが重要な学問です。煉瓦を積み上げるように、コツコツと地道に努力できる学生を希望します。

 

3年次春学期に「3年次研究発表」の履修を求めるか

希望する者のみ対応する

 

4年次秋学期に「卒業研究発表」の履修を求めるか

希望する者のみ対応する

 

正式申請時に定員(留学生枠を含む)を超過した場合、選考を行うか

行う(選考方法: 「コース・専門ゼミナール申請書」をもとに面接をして選考します。)

 

ゼミ生からのメッセージ

特にありません

 

専門ゼミナール担当教員からのメッセージ

 会計学の勉強は一人でもできます。しかし、一人で勉強をしていると、独りよがりに陥ったり、偏ったものの見方しかできなくなる危険性があります。ゼミナールに参加し、ゼミ生同士で意見交換や質疑応答を繰り返すことによって、広い視野から多面的に物事を見ることができるようになったり、新たな発見に出会うことができます。そこにゼミナールの意義があり、ゼミ生の皆さんにも、そのように感じてもらえるゼミナールにしたいと思っております。

 

資料請求

webパンフレット

入試情報