ホーム >  学部・大学院 >  博士後期課程 カリキュラムと特色

学部・大学院

博士後期課程 カリキュラムと特色

カリキュラムと特色

1.3つの学問領域

「マネジメント領域」「政策・税務・会計領域」「情報領域」で編成されます。
いずれの領域においても企業経営を研究教育の焦点にして、新たな学術的価値を創造しうる研究者能力の養成を図ります。

2.科目編成

研究指導

博士論文の完成を目的として作成指導を行います。 さらに、理論を中心に先行研究に関する講義にも力を注ぎます。 上記の3つの学問領域に配置された研究指導科目から1科目を選択し、 1~3年次にわたり継続して履修します。(※)

 
 

特殊講義
(ライブケース)

中小企業経営者などによる経営現場の状況報告を基に授業を行うもので、経営現場から生まれた実践知を吸収し、博士論文の作成に役立てることを目的とします。

 

特殊講義特論

「特殊講義(ライブケース)」で得られた現場発の情報を、理論的にいかに理解すべきか、その現場情報を基にすると既存理論をどのような方向に発展できるかなどを研究するもので、「特殊講義(ライブケース)」に連続した科目です。「実践知」と「理論」を架橋する能力の育成を目指します。

 

※博士後期課程の修了は、3年以上在学し、所定の授業科目について16単位を修得し、かつ博士論文審査及び最終試験に合格することが要件です。
 

教育目標・人材育成の狙い

教育目標

高度な研究者能力、すなわち「実践知」を基に新たな理論を創造できる研究者の育成に努め、本研究科が日本における総合的な企業経営研究の拠点となることを目指しています。

 
 

人材育成の狙い

大学、シンクタンクなど、専門研究機関で中心的な役割を担いうる人材を育成します。また、アジア経済の健全な発展に寄与する中国からの留学生なども対象に、アジア地域の指導的な研究者を育成することを目指します。

 
 

入学対象者

学内・学外学生、企業従事者、中小企業支援業務従事者(行政および公的機関職員、弁護士、中小企業診断士、税理士、地域おこしのリーダー)、東アジアからの留学生など。