ホーム >  学部・大学院 >  大学院ビジネス創造研究科の特徴

学部・大学院

大学院ビジネス創造研究科の特徴

博士前期課程【学位:修士(経営管理)】

総合的な経営大学院として、「実践知」重視の研究教育を展開します。

博士前期課程では、本学大学院伝統の中小企業研究を継承しつつ、マーケティングやイノベーション、経営戦略など企業経営に関する学術研究を行います。
また、企業経営の発展を支える関連分野(政策・税務・会計、情報)に関する研究も重要な柱とします。特に税務・会計については学園開学以来の一貫した強みがあります。

博士後期課程【学位:博士(経営管理)】

前期課程の「実践知」を基に新たな理論を創造できる、より高度な研究者の育成を目指します。

博士後期課程では、博士前期課程で培った「実践知」に根ざす学術研究能力を基盤に、既存理論の豊富化や新たな理論構築を行うことにより、学問体系を刷新しうる研究者能力、あるいは理論を適用して、現実に関する新たな理解や政策的価値のある結論を導きうる研究者能力の醸成に努めます。

活動の高度化を目指す社会人にも門戸を広げます。

社会人学生の修学も考慮した、特色ある授業スタイル。(博士前期課程・博士後期課程共通)