ホーム >  学部・大学院 >  経営経済学部 学部の特徴

学部・大学院

経営経済学部 学部の特徴

経営経済学部の特徴

経営経済学部の特徴

社会・企業に求められる人材を育成するために、経営学と経済学を基幹とした実学を重視し、実務的な知識とその知識を活用するスキルを養成。研究会で主体的に学び、インターンシップやフィールドワークなど多様な経験を通じて、問題発見と問題解決能力を養う実践的教育を展開しています。

「経営学」「経済学」「ICT・データサイエンス」「会計・ファイナンス」「マーケティング」を連携させたカリキュラムで、基礎から応用まで体系的に学習。
会計の基礎知識を学び、企業の決算書を作成・分析できるスキルを養成。
社会の仕組みに関する幅広い知識と実務に役立つPCスキルを1年次から修得。
2年次からは3つの系を複合的に学び、研究会で進路に必要な知識と経験をプラス。
資格取得を通じて、生涯続く学習意欲と向上心を養成。
専門分野の知識を社会に活かす公共の精神を養成。
インターンシップやフィールドワークなど学内外での活動が就職活動にも直結。

 

 

学びのスタイル

自立のための知識、経験、自信を豊かに育む「就職の嘉悦」ならではの学び方。
「実学」×「実務」×「実践」で社会に求められる「実力」を養成。

jitsumu1

基幹科目としての経営学・経済学

社会に求められる知識、思考力と発想力を鍛える

経営学は社会の本質を、経済学は社会の現象を解明する学問です。そこで身につく知識や思考力、発想力は、将来、どのような職業に就こうとも必ず役立ちます。嘉悦大学では、経営学・経済学を基幹科目とし、基礎から体系的に学習。その上に、将来像に合わせて自分の学びを重ねていくことで、社会人としての幅広い力を備えた人材に成長します。

● 専門科目への導入として経営学・経済学の基礎を学ぶ。

● 経営・経済を学び、社会人としての基本的な知識や教養を身につける。

● 新聞やニュースを読み、これからの企業の変化を考えられるようになる。

● 家計・企業・自治体・国の経営を経済の視点から考察する。

● 実務や起業に必要な法律などの知識を獲得する。

初年次教育

  • 基礎ゼミナール:参加型・体験型の授業で、社会人に求められる協働力や問題解決力を養成。
  • ICT基礎科目:現代社会に不可欠なICTの知識とスキルを磨き、プレゼン力なども強化。
  • キャリア基礎科目:充分な時間をかけてキャリアをデザインし、実現に向けてスキルアップ。
  • 外国語科目:「英語」と「中国語」を初歩から学び、世界と交流できる語学力を修得。
  • ライフウェルネス科目:社会で活躍し、多様な人たちと交流する上で役立つ教養やノウハウを修得。
img07-2
jitsumu1

複合的に学ぶ3つの系×基幹科目

専門知識とアクティブラーニングで実務力を養成

基幹科目で体系的に学ぶ経営・経済の知識をベースとし、2年次からは、「ICT・データサイエンス」「マーケティング」「会計・ファイナンス」の3つの系から複合的に選択できるカリキュラムを編成。企業や行政とのアクティブラーニングやインターンシップを推進し、課題に気づき解決する力、協働する力など現場で役立つ実務力を鍛えていきます。

 ICT・データサイエンス系 

 ITシステムやプログラミング、デザイン、情報セキュリティ、ネットワークなどを修得。
 データから顧客行動や売上を予測するなど実践的なカリキュラム。
 在学中にオンラインショップ開店も可能な実力を養成。

 マーケティング系

 企業・行政と連携した多様なフィールドワークで、実践力を育成。
 航空業界などのホスピタリティビジネス、売れる仕組みづくりを研究。
 顧客満足を提供する提案力を磨き、さまざまな業界で求められる人材を育成。

 会計・ファイナンス系

 企業の財務諸表を作成する会計学を学び企業会計に精通する人材に。
 投資の決定、資金調達、配当政策のファイナンス知識を修得。
 会計ソフトのスキル修得。検定試験対策講座の実施。

jissen1

実践力で力をつける研究会

インターンシップや資格取得で、就職に向けて着実に準備

嘉悦で培ってきた実学・実務の知識やスキルを活用し、企業や地域と連携した実践プログラムで実力をつけていく研究会。就職活動に有利な資格取得にも力を入れています。社会に出てからは専門性のみならず、さまざまな知識やスキルが求められます。将来のキャリアビジョンや興味に沿って、3つの系の中の複合科目を自由に組み合わせて学び、成長してください。

 

目指す進路に合わせ、自分だけの学習プランで学ぶ

初年次教育では、基幹科目である経営・経済の基礎とともに、ICT科目やライフウェルネス科目で、社会人に求められる基本的な知識や教養を修得。 2年次からは、就職先や業種など、将来像を描きながら3つの系と研究会を組み合わせ、自分だけのカリキュラムで学んでいきます。

 企画や経営管理の仕事を目指すなら

ビジネス企画・企業経営 学習プラン <履修科目の例>

2年:企業と社会/マーケティング論
3~4年:経営分析論/経営心理学/中小企業経営論/会社法

 販売や観光サービスの仕事を目指すなら

マーケティング・市場調査 学習プラン <履修科目の例>

2年:経済と統計/消費者行動論
3~4年:経営分析論/経営情報システム論/リスクマネジメント論/金融商品取引法

 公務員や金融機関の仕事を目指すなら

経済政策 学習プラン <履修科目の例>

2年:公共経営/社会保障
3~4年:財務会計論/金融政策/民事訴訟法/経済法

 資格が活かせる仕事を目指すなら

会計・簿記・財務 学習プラン <履修科目の例>

2年:民法/コンピュータ会計
3~4年:現代の日本経済/上級簿記/コーポレートファイナンス/会社法

 ICT技術を活かす仕事を目指すなら

情報・メディア 学習プラン <履修科目の例>

2年:ビジネス情報分析/データサイエンス入門
3~4年:事業創造論/ビジネスシミュレーション/ICTシステムとプログラミング/経営情報システム論

※ あくまで一例となります。

 

 

2018年度以前のカリキュラムはこちら