ホーム >  在学生・保護者の方へ >  履修関連情報 >  単位修得と成績評価

在学生・保護者の方へ

単位修得と成績評価

単位修得と成績評価

①成績評価と表記

みなさんが履修した授業科目の成績は、原則100 点満点で評価されます。これが60 点以上であれば合格であり、その科目の単位を修得したことを意味します。反対に60 点未満であれば不合格であり、その科目の単位を修得することができなかったことを意味します。不合格となった科目の単位を修得するためには、次学期以降に再度履修しなければなりません。

また、成績評価は点数によっていくつかの段階に分かれます。段階は下記の表のようにアルファベットによって表記されます。学ナビに発表される成績は成績評価点数だけでなく下記の表記も記載されます。

但し、上記とは別に、単位は修得しているが学習の評価は行わない科目の場合は「T(認定)」、履修の意思が見られず評価を行うための材料が十分にない場合は「-(評価不能)」とされ、例外的に0~100以外の素点が表記されます。

素点表記 評価表記
90~100 S
80~89 A
70~79 B
60~69 C
0~59 D
999 T
200 -(評価不能)

また、学期末には保証人宛てに「成績通知書」を郵送します。

 

②「成績証明書」の記載

学ナビに発表する成績表とは別に、進学先や就職内定先等外部の機関に、みなさんの成績を証明するために提出する「成績証明書」があります。この「成績証明書」は単位修得した科目の成績評価を証明するものであり、そこには単位修得した科目の成績評価がアルファベット表記のみで記載されます。つまり、上記の表のうち、「D」の評価の科目については記載されません。

 

③成績評価質問手続き

成績評価についての質問は、成績評価に間違いがあると思われる十分な理由がある場合に、科目担当教員に成績評価に間違いがないかの確認を求めるためのものであり、成績の再考を求めるものではありません。質問依頼にあたっては、「成績評価質問依頼書」にその理由を詳しく記入し、所定の期間内に教務センターに提出してください。

なお、単に評価の引き上げのみを要求する内容である場合には、申請書を受理しないことがあります。

  • 「成績評価質問依頼書」は教務センターで配布します。
  • 成績評価質問依頼書の提出期限は遵守してください。
  • 入院等により、期間内に成績評価質問依頼を提出できない場合は、必ず提出期間内に教務センターに連絡し、指示に従ってください。

GPA

 GPA(Grade Point Average)とは、成績評価方法の一つで履修科目の成績の平均を数値で表すものです。GPA は、単位修得という学習の量だけでなく、その質も重んじるものです。

 

① GPA の算出方法

GPA は、みなさんが履修した各科目の評価に一定のGP を与え、このGP に各科目の単位数を乗じ、その合計を履修科目の総単位数で割って算出します。

GPA の対象となる科目は、5 段階評価(S、A、B、C、D)によって成績評価された全ての科目です(認定科目「T」で評価された科目を除く)。

GPA の計算方法は次のとおりとし、計算値は小数点以下第3 位を四捨五入し、小数点第2 位で表記します。

4.0 × S の修得単位数+ 3.0 × A の修得単位数+ 2.0 × B の修得単位数+ 1.0 × C の修得単位数

総履修登録単位数

5 段階評価のそれぞれに次のGP(Grade Point)を与えます。

成績評価 GP 合否
S(90 ~ 100) 4 合格
A(80 ~ 89) 3 合格
B(70 ~ 79) 2 合格
C(60 ~ 69) 1 合格
D(0 ~ 60) 0 不合格
T(999) 対象外 合格
-(200) 0 未評価

 

②不合格科目の取り扱い

「不合格」の評価を受けた場合、その科目のGP は0 となり、GPA が下がりますので注意してください。また、不正行為により無効とされた成績も不合格として扱われGP は0 となります。

 

③ GPA の活用

GPA は、学期ごとに算出した「学期GPA」と、各学期を通算した「通算GPA」の2 種類があります。大学生活全般の履歴は「通算GPA」が、現在の学修状況を確認するには「学期GPA」が参考になります。GPA 値により得られる評価は下記のとおりとなり、学修状況を把握することができます。「学期GPA」の学期ごとの推移を見ることで、「上り調子」「下降している」等が判断できます。

GPA の値 評価の平均値 学修・生活面の状態
4.0 ~ 3.0 S 評価~ A 評価を平均的に修得 非常に優秀。問題ない。
2.9 ~ 2.0 A 評価~ B 評価を平均的に修得 問題はないが、学期ごとに下がってきている場合は注意が必要。
1.9 ~ 1.0 B 評価~ C 評価を平均的に修得 ギリギリ合格しているレベル。本人の学習姿勢により、急激に不合格が増える可能性もあり注意が必要。
0.9 ~ 不合格の割合が多い 学習面、生活面で問題を抱えている場合が多い。指導対象にもなるため、学習状況や生活面での見直しが必要となる。

卒業及び学位について

①卒業及び学位に関する規定

経営経済学部に4 年以上在学して(3 年次編入生の場合は2 年以上)、所定の単位を修得した者には、学士(経営経済学)の学位を授与します。

ビジネス創造学部に4 年以上在学して(3 年次編入生の場合は2 年以上)、所定の単位を修得した者には、学士(経営管理)の学位を授与します。

※休学などによる学修中断の学期・年度は、この在学期間には数えられません。

②卒業発表

卒業要件を満たし卒業が確定となった学生を掲示にて発表します。

③最長在学年数

経営経済学部及びビジネス創造学部における最長在学年数は8 年(3 年次に編入学した者の最長在学年数は4 年)とします(ただし、学則第19 条に基づき学長が認めた場合は、この限りではありません)。

④卒業延期

卒業に必要な所定の単位を修得した上で卒業延期を希望するときは、卒業が確定する学期の成績発表後、卒業延期願提出期間中に教務センター(教務)ホームページから「卒業延期願」の用紙をダウンロードし、必要事項を記入して提出してください。

資料請求

webパンフレット

入試情報