ホーム >  入試情報【2023年度入学者選抜】 >  学校推薦型選抜 >  学校推薦型選抜(公募)

入試情報【2023年度入学者選抜】

学校推薦型選抜(公募)

学校推薦型選抜(公募)とは?

学校推薦型選抜(公募)は、所定の出願要件を満たし、学校長の推薦を受けた人が受験できる入学者選抜です。

 

日程と募集定員

試験種別学校推薦型選抜(公募)
募集定員10
出願期間-始2022年11月1日(火)
出願期間-終2022年11月17日(木)
試験日2022年11月27日(日)
合否発表日2022年12月2日(金)
手続締切日2022年12月12日(月)

 

出願資格

以下1~2のいずれかの入学資格を満たし、さらに①~③の要件を全て満たす者

1.高等学校(中等教育学校の後期課程を含む。以下「高等学校等」という)を2023年3月31日に卒業見込みの者
2.通常の課程による12年の学校教育を2023年3月31日に修了見込みの者
①本学のアドミッションポリシーを理解している者
②本学を第一志望(専願)とし、合格した場合本学に入学することを確約できる者
③コミュニケーション能力が優れており、何事にも挑戦する意欲がある者で、出身学校長の推薦を得られる者

 

提出書類

①入学志願票
②出願資格を証明する書類
  ●高等学校:出身学校長が作成した「調査書」
  ●特別支援学校:出身学校長が作成した「調査書」
③志望理由書
④欠席理由書
  提出は3年次1学期(2期制もしくは中等教育学校はこれと同等のもの)までの欠席日数が25日以上の者に限ります。
⑤学校長等の推薦書(所定用紙あり)厳封
⑥資格等の証明書・資格優遇特待生制度申請書(申請する場合のみ)

 

選考方法

学部のアドミッションポリシーに基づき、志望理由書(50点)と面接(50点)、口頭試問(50点)の結果(150点)を推薦書と調査書を参考に総合的に評価します。
面接/口頭試問は15分程度とし、面接から始め、途中5分を目途に口頭試問を行う。

①志望理由書(800字)
②面接(10分程度)
③口頭試問(5分程度)

 

入学検定料

35,000円

 

口頭試問の課題

以下の課題について試験当日に口頭で説明・質疑応答ができるよう準備してください。

●日本経済あるいは日本企業が直面している問題を一つ挙げ、その問題がどのような問題かを説明しなさい。そのうえで、その解決策についてあなたの考えを説明しなさい。

 

面接の方法

対面面接を前提とします。但し、新型コロナウイルス感染症の拡大状況によってオンライン面接にする場合があります。

 

資格優遇特待生制度

対象とします。

資格優遇特待生制度

 

入学試験要項・入試必要書類等

項目 ダウンロード
入学試験要項 準備中
インターネット出願マニュアル 準備中
志望理由書(所定用紙) 準備中
推薦書(所定用紙)(厳封) 準備中
資格等の証明書・資格優遇特待生制度申請書(申請する場合のみ) 準備中
欠席理由書(欠席日数が25日以上の場合のみ) 準備中

 

インターネット出願

出願は以下の外部サイトより行ってください。

インターネット出願サービス(外部サイト)はこちら