ホーム >  大学案内 >  嘉悦学園 建学の精神

大学案内

嘉悦学園 建学の精神

本学園創立者・嘉悦孝の嘉悦学園設立の経緯や、開学の精神をご紹介します。

kengaku_img01

本学園創立者・嘉悦孝は、慶応3年熊本に生まれ成立学舎に学んだ。その間、明治維新の先覚者横井小楠先生の高弟であった父氏房からその実学思想を教え込まれた。孝は当時、一般の女子教育がややもすれば実社会とかけはなれた、いわゆる深窓令嬢の遊芸的教育、あるいは西欧文明の単なる模倣に終わりがちな傾向を憂い、明治36年10月女子の実業教育の社会的必要性に応え我国最古の歴史をもつ女子商業教育校「私立女子商業学校」を創立したのである。

校訓「怒るな働け」は実学思想を基礎とし、個人的処世術にとどまらず、横井小楠先生の説かれた「堯舜孔子の道を明らかにし、西洋器械の術を尽す、何ぞ富国に止まらん、強兵に止まらん、大義を四海(世界)に布くのみ」という抱負から発し、「怒るな」は人間の和、さらには平和を、「働け」は人間社会に欠くことのできない財の生産を意味する世界観、人生観で、世界平和を窮極の目的とした一大金言であって、本学園の伝統をもっとも端的に表現した深遠の哲理であるといえよう。

創立者の希求したものは、この校訓を基本精神とした婦人の経済的自立能力の養成および社会的地位の向上であった。すなわち家庭婦人は一家の経営担当者であり、豊かな家庭を築くには高度な経済知識は欠かせないものであるとの信念から、豊かな教養と高い経済知識を備えて実社会に役立つ女性の指導者を養成し、社会の発展に貢献しようとした。

これが本学創立の意図となっている。

 

創立者 嘉悦 孝のことば

kengaku_img02

誰にも耐えようとしても耐えられない怒りはあるものです。 しかし怒っては破滅を招くだけです。 耐えて、そして働くことです。 働くといっても就職することとは限りません。 主婦には主婦の、娘には娘としてなすべき務めがあるものと思います。 その務めを果たすことに励むことです。 社会人としての自分のまわりにも狭い家庭の中にでも、なさなければならぬことが数多くあるはずです。 それらを手際よくより立派に処理することは頭の働きであります。 こうして自己の責務の遂行に没頭しているうちに、いつの間にか怒りも忘れ業績を喜び豊かで清々しい充実感を味わうことができるのです。 このような生活の連続こそ幸せな生涯といえるのではないでしょうか。