ホーム > 新着情報 > 嘉悦大学ネパール応援活動の途中経過について(ご報告)

新着情報

嘉悦大学ネパール応援活動の途中経過について(ご報告)

2015/07/15

 先のネパール大地震直後から行われた、嘉悦大学のネパール応援活動について、途中経過をご報告いたします。

  ○新入留学生歓迎会での、留学生達による自主募金  ¥27,428-
  ○本学卒業生団体「光風会(こうふうかい)」からの義援金  ¥100,000-
  ○本学設置校「かえつ有明中・高等学校」の卒業生団体「翠光会(すいこうかい)」からの義援金  ¥30,000-
  ○本学設置校「かえつ有明中・高等学校」生徒会による自主募金  ¥5,300-
  ○本学学生団体「言語文化交流部」による学内募金活動  ¥145,115-
  ○本学「国際交流委員会」による地域レクチュアシリーズ第2回「ネパール・インドの話を聞こう
   (講演者:カンデル専任講師)」での、地域市民の皆さまからの義援金  ¥2,865-
  ○学生行事・七夕祭りでの、学生団体「国際交流ボランティア部」のネパール関連食品販売による売上金の提供  ¥9,432-
 以上の通り7月16日現在のネパール応援資金は¥320,140-となりました。

 これらの応援資金は、主として被害を受けた教育関係機関の建物復興、教育図書等に当てられることを想定しています。次回開催の国際交流委員会で方向性を決定する予定です。
 この他にも、金額に置き換えることのできない(プライスレスな)「継続的な心の交流」となるよう、学生たちが応援の英語の手紙をネパールの子供達に贈る計画も進んでいます。                 

以 上

(嘉悦大学国際交流委員会)