ホーム > 新着情報 > 図書館蔵書検索システム「嘉蔵」リニューアルイベントを行いました

新着情報

図書館蔵書検索システム「嘉蔵」リニューアルイベントを行いました

2013/11/06

嘉悦大学情報メディアセンター図書館では、9月末に図書館蔵書検索システム「嘉蔵(よしぞう)」がリニューアルしたことに伴い、10月8日(火)、11日(金)、15日(火)、18日(金)の昼休みにイベントを行いました。
このイベントは企画から実施まで、図書館学生スタッフのLissが行いました。利用者の皆様に新しい図書館システムを知ってもらうために、図書館から出て、大学の入口に近い場所でブースを出しました。通りがかった皆様に手のひらサイズの検索ガイドと記念グッズのコンピュータブラシを渡しながら、ノートパソコンやスマートフォンで新しい検索システムの説明をしました。

イベントは盛況で、説明を聞いた利用者の方から「すごく便利になったね。」「スマホ画面があるんですね。」「借りたい本が見つかったので、今度図書館にに行きます。」などの感想をいただきました。
 

20131008_2 20131008_1
20131008_5 20131008_3
20131008_4 20131008_6


【当日イベントに参加した学生スタッフのコメント】
 
嘉蔵のリニューアルイベントでは、普段利用してくれている学生はもちろん、先生や職員の方にも参加して頂けたので図書館サービスを広く宣伝出来たのではないかと思います。
普段図書館にあまり関心がない学生もグッズをもらったついでに、嘉蔵の存在を知って頂けたり、関心を持ってもらえたと思うので、授業の空き時間などに図書館に足を運んで欲しいなと思います。
(経営経済学部3年 山口詩織)
 
嘉蔵が新しくなったということを皆様に知ってもらえたと思う。普段図書館を利用しない学生も、嘉蔵が新しくなったことにより、利用したいと言って頂けたことが大変嬉しかった。
(経営経済学部4年 三田悠司)
 
今回の嘉蔵リニューアルイベントは、たくさんの方にお越しいただき、無事終えることが出来ました。ありがとうございました。普段図書館に来ない方にもグッズと冊子を受け取ってもらえ、多くの方に嘉蔵を知って頂けたと思います。ぜひ、新しく、使いやすくなった嘉蔵を使って、たくさんの本を借りて頂けると嬉しいです。
(経営経済学部2年 野木雄太)
 
こういった大々的なイベントを図書館で開ける機会が少ないので、図書館の認知度をあげるいいきっかけになった。Lissが一丸となって各々の役割を果たして、一つのイベントをすることが出来る、というのが確認できる機会にもなった。
(経営経済学部2年 山口有可)
 
普段は、図書館内での業務が多く、今回のように外で作業することがなかったので、私自身も新鮮で楽しかったです。普段図書館を利用しない学生にも話を聞いてもらい、Lissや図書館のことを伝えることができました。今まで、図書館や嘉蔵を利用していなかった学生に、「これを機に今度利用してみるね」と言っていただけたことが嬉しかったです。
(経営経済学部3年 荒井佑己)
 
イベント前には、「チラシやグッズは本当に貰ってくれるのか」「説明を聞いてくれる人がいなかったらどうしよう」という不安もありました。しかし始まってみると、グッズの効果もあり多くの学生がチラシを受け取ってくださり、嘉蔵のリニューアルイベントの成果を実感できました。PCを使って操作の説明をしている際に、「すごく便利だね。」と嘉蔵の新機能に感心してる方がいました。この一言が印象的で、とても嬉しかったです。Lissとしてこれからも、新しい企画にチャレンジしていきたいと思います。
(ビジネス創造学部2年 山本圭祐)


新システムでは、検索画面がシンプルになり、同じ画面で論文検索、他大学図書館検索、Amazon検索なども可能になりました。また、検索結果に本の表紙画像や所在が一覧で表示されるようになりました。ぜひ、一度ご利用ください。
嘉悦大学図書館蔵書検索システム「嘉蔵」 http://opac.kaetsu.ac.jp/
当日の様子(嘉悦大学図書館Lissブログ) http://liss.kaetsu.ac.jp/archives/50712799.html