ホーム > 新着情報 > 7月26日(金)「ぺちゃくちゃKAETSU」が開催されました

新着情報

7月26日(金)「ぺちゃくちゃKAETSU」が開催されました

2013/07/29

ぺちゃくちゃ*ナイト@KAETSU」とは、1年生の必修科目であるICTスキルズの最終課題のプレゼンテーション大会です。テーマは「自分のオススメしたいモノ・コト」。優れた学生たちのプレゼン作品を、先輩や去年の優秀者、他クラスの学生の前で披露します。26日の「ぺちゃくちゃナイト@KAETSU」では、経営経済学部1年生、ビジネス創造学部1年生の各クラス、留学生クラスから選出された学生たちが、お互いのプライドをかけてプレゼン技術を競い合いました。発表した13名の学生は、プレゼンテーション資料のクオリティだけでなく、パフォーマンスにも力を入れており、中には、ウエスタンなどの実演を行う学生も。目の前で繰り広げられるパフォーマンスは迫力満点。会場は大いに盛り上がりました。

 
 

学生と教員による審査員(昨年、表彰された学生)による審査・講評の後、表彰式が執り行われました。プレゼンテーション発表の表彰と合わせて、ICTコモンズで行われたタイピングテストの表彰も行われ、会場が盛況の内に終了しました。

 
 

昨年のE棟大会議室から、カエツホールへ会場を移して行われた「ぺちゃくちゃナイト@KAETSU」。100人を超えるオーディエンスを前に発表できるという大舞台は、発表者にとって新しい挑戦の場となったのではないでしょうか。発表後も、それまで面識がなかった学生や先輩、先生方と発表の感想など会話を楽しみながら、交流が生まれていました。

 *「ぺちゃくちゃ(Pecha Kucha)」は、もともと世界的に行われているイベントで、若いクリエーター達が自分たちの制作物をプレゼンしあったり、新しい人材とネットワークを築くことを目的としています。そのコンセプトを借りて、本学の1年生たちにプレゼンの面白さを体感してもらうために2011年度からスタートしました。
   ◆参考URL: http://www.pecha-kucha.org/

(記事・写真撮影  学生広報スタッフ:原田詩織)