ホーム > 新着情報 > 4月22日(月)に新入留学生歓迎交流会が行われました

新着情報

4月22日(月)に新入留学生歓迎交流会が行われました

2013/04/23

本年度も中国・韓国などのアジア各国から留学生49名が入学し、嘉悦大学で新しい生活を始めています。
履修登録もすでに終了し大学生活に少しずつ慣れてきていますが、友人づくりや先輩との関係はまだスタート地点に立ったばかり、これからのより緊密なコミュニケーションが大学生活には欠かせません。

4月22日(月)、後輩の留学生を歓迎したい、もっと交流して仲良くなりたいと考える外国人留学生・日本人学生たちが主催し、「新入留学生歓迎交流会」が行われました。初年次の基礎ゼミでSA(スチューデントアシスタント/授業中の補助指導を行う学生)を担当する学生も留学生との意思疎通をスムーズにしようと参加してくれました。

第一部の「先輩からのアドバイス」では、今年本学を卒業して大学院に進学したり、日本企業に就職した留学生の先輩たちが駆けつけ、新入生が豊かな大学生活を送れるようアドバイスし、元気づけました。「留学生だからこそ日本語を真剣に勉強して欲しい。そのためには日本的なもの、日本文化・社会にとことん身を置くことが重要」「チャンスは準備ができている人だけに訪れる。4年間の準備は皆さんを裏切ることはない」など、努力を怠ることなく留学期間を精一杯過ごした学生ならではの言葉に、新入生もうなずいていました。

第二部では、赤澤学長はじめ多くの教員と打ち解けて話す機会を持ち、入学以来慣れない大学生活環境や履修科目選択で緊張していた留学生も、だいぶリラックスして楽しむことができたようです。懇親パーティやビンゴゲームなどで大いに盛り上がり、お互いの距離を縮めていました。

                                                                                                              (文責:嘉悦大学国際交流委員会)