ホーム > 新着情報 > ヨーコ・ゼッターランド氏 嘉悦大学女子バレーボール部新監督就任のお知らせ

新着情報

ヨーコ・ゼッターランド氏 嘉悦大学女子バレーボール部新監督就任のお知らせ

2013/01/08

嘉悦大学女子バレーボール部新監督にヨーコ・ゼッターランド氏の就任が決定いたしました。

新監督は、幼少からその卓越した身体能力からバレーボール界で注目され、中学、高校と全国大会で活躍。その後、早稲田大学人間科学部スポーツ科学科に進学されました。当時、早稲田大学女子バレーボール部は関東大学リーグ6部のチームでしたが、入学からの4年間で同氏の活躍により2部まで引き上げ、更に優勝を果たしました。その後、バルセロナオリンピック・アメリカ代表として銅メダルを獲得しています。引退後は、バレーボールだけでなく、他のスポーツの振興に関るなか、スポーツキャスターとしても幅広く活躍をしています。

嘉悦大学では、豊富な国際経験と実績を生かし、学生指導と強いチーム育成を期待しています。
准教授兼監督として平成25年4月就任予定です。
 

【新監督就任コメント】

伝統ある嘉悦大学女子バレーボール部より素晴らしいご縁を頂きましたことに心から感謝しております。
指導者として、また教育者としての新たなスタートに身が引き締まる思いです。これまでのバレーボール部を支え、
築いてこられた歴代監督、OG、ご父兄皆様の想いを大切に継承し、選手達とともに新しい形を創出してまいりたい
と思います。バレーボールというスポーツを通じてアスリートとしてだけでなく、日本社会を構成する一員としても
「ロールモデル」となる人づくり、チームづくりを行ってまいります。どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

【ヨーコ・ゼッターランド氏について】
1969年3月24日生(43歳)

学     歴
1991年3月 早稲田大学 人間科学部スポーツ科学科 卒業
2011年9月 鹿屋体育大学大学院 体育学研究科体育学専攻 修了

 

バレーボール歴
中学高校時代 全国大会や世界ジュニア選手権で活躍
大学時代 早稲田大学入学 関東大学6部より2部優勝にまで導く
1991年 単独渡米、アメリカナショナルチームのトライアウトに合格
1992年 アメリカ代表、バルセロナ五輪出場(銅メダル)
1996年 同 代表、アトランタ五輪出場(7位入賞)
1997年

ダイエーオレンジアタッカーズとプロ契約(Vリーグ優勝)
(現 久光製薬スプリングス)

1998年
1999年
第47回・第48回黒鷲旗全日本選手権優勝
1999年6月 引退
引退後の活動   スポーツキャスターや後進の指導、講演、エッセー執筆など幅広く活躍。
日本バスケットボールリーグの理事や高校野球特待生問題有識者会議委員など、
バレーボール以外の分野でも活躍。


こちらからプレスリリースをご覧いただけます。