ホーム > 新着情報 > 経営経済学部3年次科目「3年次研究・制作」の発表会が行われました

新着情報

経営経済学部3年次科目「3年次研究・制作」の発表会が行われました

2012/07/28

経営経済学部では7月28日(土)に専門教育科目「3年次研究・制作」の発表会が行われました。

嘉悦大学では2年次からゼミ(研究会)がスタートします。その活動成果を3年春学期に発表し、「自分がこれまで研究してきたコト・挑んできたコト・創ってきたモノ」をまとめ、秋からの就職活動に備えるのがこのカリキュラムの狙いです。

発表は10組26名の学生が行いました。科目担当者や講評者だけでなく、学長・副学長・学部長も参加し、異分野の活動成果を目の当たりにする刺激的な場となりました。地域調査の結果や、制作中のコンピュータプログラム、執筆中の論文など、様々なタイプの発表がありました。

当日の発表については講評者の審査が行われ、優秀者は表彰される予定です。

経営経済学部 2012年「3年次研究・制作」発表と研究会の紹介

上原聡 研究会 「実践するマーケティング戦略」

上原研究会では、営利・非営利組織(NPOなど)を問わず「売れる仕組みづくり」の構築について、創造的なアイデアをもって取り組んでいます。

  • 【グループ発表】  Aグループ 「学食さくらとラウンジの食品自動販売機の改善」
  • 【グループ発表】  Kグループ 「イベント企画」
  • 【グループ発表】  Bグループ 「企画・開発と誘致活動」

南憲一 研究会 「企業経営とインターネット」

南研究会では、企業経営とインターネットに関する最新の情報をインターネットのサイト、新聞、雑誌、書籍など、様々なメディアから学びます。各研究の成果はWebサイトを通じて表現していきます。

  • 【個人発表】  「Facebookのビジネス活用に関する研究」
  • 【個人発表】  「ソーシャルメディアを使ったマーケティングに関する研究」

遠山緑生 研究会 「Webや携帯電話を用いた情報サービスづくり」

遠山研究会では、ネット上のサービスづくりについての総合的な経験を積みながら、「自分の作品」として具体的な情報サービスを創り出すことを目指します。

  • 【グループ発表1】  「タッチタイピングソフト」
  • 【グループ発表2】   「データバレー初心者用ソフト」

 

田尻慎太郎・細江哲志 合同研究会 「サグリバ:コミュニティの未来をさぐるマーケティング」

田尻・細江研究会では、大学の近隣コミュニティの人々の声に耳を傾け、ライフスタイルに密着し、最終的なゴールとして「コミュニティの未来を創造する」ことを目指します。

  • 【グループ発表1】  「JA東京むさし連携プロジェクト」
  • 【グループ発表2】  「小平地域における商業活動:商店経営者へのインタビューを中心とした意識調査」

生井良一 研究会 「環境問題を調べる」

生井研究会では「環境」をキーワードに講義・調査・学習・討論しながら、レポートをつくっていきます。

  • 【個人発表】  「地球温暖化問題についての研究」