ホーム > 新着情報 > 6月29日(金)、平成24年度 嘉悦大学特待生および後援会奨学生認定式が行われました

新着情報

6月29日(金)、平成24年度 嘉悦大学特待生および後援会奨学生認定式が行われました

2012/07/02

本年度は、特待生4名(経営経済学部1名、ビジネス創造学部1名、短期大学部2名)、後援会奨学生8名(経営経済学部6名、短期大学部2名)が認定され、赤澤学長からそれぞれの代表者に認定通知書が授与されました。

代表の学生は、「特待生ならびに奨学生は学生の模範となり、校訓“怒るな働け”を実践することをここに誓います」と力強く宣誓しました。

赤澤学長は、「今回認定された方々は、勉学だけでなく大学のために貢献してくださいました。更に他の学生の模範となり活躍してくださることを期待しています。大学は勉学が中心ですが、その他にも社会のために貢献する、後輩を育てる、友達の輪を広げる、人間関係を築くなど、自分を磨く大きなチャンスがあります。社会では、勉学だけでなく、対応を含んだ色々な能力が試されます。知的好奇心を磨いて社会に対して貢献してくことが皆さんが大きく成長していく原動力となります。今回の認定に驕ることなく、これからも自信を持って、勉学や社会貢献に励んでください」と学生たちを激励し、今後のより一層の健闘に期待を込めました。

本学の特待生奨学制度は、特待生選抜入試時の成績が奨学金給付基準に達し、特待生として入学を許可された学生を対象に、授業料全額あるいは半額相当額の納付を免除される制度です(第2学年以降は、前年度の学業成績が各学部の学年上位10分の1以内であることが必要となります)。
また、後援会奨学金制度は、人物良好で大学に貢献した学生を公募により選考し、年額授業料の半額相当額を給付する奨学金制度です。