ホーム > 新着情報 > 1月27日に「嘉悦アカデミー賞」が開催されました

新着情報

1月27日に「嘉悦アカデミー賞」が開催されました

2012/02/07

1月27日(金)に「嘉悦アカデミー賞2012」が開催されました。
嘉悦アカデミー賞とは、「ICTメディア」という授業の総括として開かれ、1年生が授業の中で作成した作品(動画)の上映を行う映画祭です。

                                    

                                           
   

学生たちは、3分間の動画の中で何をどう伝えるか考え、嘉悦アカデミー賞をめざし、互いに競い合いながら作品を完成させます。こうして各クラスから選出された作品をICT科目(ICTメディアとICTコモンズ)の担当教員から成る選考委員会で審査し、作品賞、撮影賞などの各賞が決定しました。

「ICTメディア」の目的は、コミュニケーションスキルの獲得と向上です。画像作成・編集技術の習得はもちろんのこと、授業に配置されたSA(Student Assistantの略、学部生の授業支援スタッフ)などの上級生と関わることによるタテのつながりも同時に得ることができます。

 

【嘉悦アカデミー賞 授賞・ノミネート作品】

作品賞

T1T2クラス

「アメーバピグ(実写版)」

撮影賞

Hクラス

「NOITAMINA OF SAND」

脚本賞

Hクラス

「ONE DAY」

編集賞

Fクラス

「バウンドピンポン」

アイディア賞  

Eクラス

「逆的ビフォーアフター」

ユーモア賞

Hクラス

「ある日の南雲の夢」

ノミネート作品     

Hクラス

「とっても簡単ポテトサラダの作り方」

 

Iクラス

「タイトル無し」

 

T1T2クラス  

「トイレのかんさま」

 

T3T4クラス

「にゃんこキッチン」

 

【嘉悦アカデミー賞に参加した学生のコメント】

T3T4クラス 渡辺美沙樹さん
私たちのグループは、ストッププロモーションを作りました。ストップモーションづくりは初めてで、その場の状況で「ここをこうしよう!」「次は、何書く!?」という感じで作業を進めていきました。思っていたよりスムーズにできて楽しかったです。作業中も和気藹々と笑顔が絶えない現場でした!まさかのノミネートまでいただき、ほんとに驚きました。残念ながらノミネート止まりでしたが(笑)
嘉悦アカデミー賞という場に参加させていただき、とても楽しく嬉しかったです。

Hクラス 荒木栄くん
今回は嘉悦アカデミー賞にノミネートできてうれしく思います。
制作では撮影や編集のやり直しなどのトラブルがありましたが、完成できてよかったです。今回は授業で作りましたが、今度は授業外で何か作ってみたいと思います。

  

 

1年生の考え出したアイディアが、Adobe Premiere Erements 9を使うことによってここまでの作品に生まれ変わるとは!と驚くばかりでした。細かい作業に学生たちの粘り強さを感じました。

その後、立食パーティーが行われました。豪華な食事と本格的なバーテンダーも登場し、全学年での交流を楽しみました。

  

このイベントでは、準備や司会などはすべてSAが担当しました。夏に行われた「ペチャクチャナイト@kaetsu」でもSAが活躍しましたが、今回の「嘉悦アカデミー」でも彼らの力が大いに発揮されました。

このような経験をした1年生が、来年度は後輩を指導する立場となってくれることでしょう。今後の活躍を期待しています。

参考:「ペチャクチャナイト@kaetsu」
http://www.kaetsu.ac.jp/11-08-01-01.html

                                               執筆協力:学生広報スタッフ 藤川幸子