ホーム > 新着情報 > 【公開講座】嘉悦大学・特別講座 「アジア共同体創生へ、アジアの声を聴こう」開講のお知らせ

新着情報

【公開講座】嘉悦大学・特別講座 「アジア共同体創生へ、アジアの声を聴こう」開講のお知らせ

2011/11/01

 アジア各国の専門家を招いた嘉悦大学・特別講座「アジア共同体創生へ、アジアの声を聴こう―エリアスタディーズ(東アジア)―」を開講します。学生のための正課科目を一般公開し、一般から(下記フォームより)聴講申込みを受け付けます。なお、講義は日本語で行なわれます。

科目概要

 インターネットに代表される情報革命が国境を越え、経済的相互依存と国際交流の深化が歴史を早め、地球が小さくなったことを実感する今日、世界の平和的発展を確固としたものとするため、グローバルスタンダードの知的インフラとネットワークをどのように整え、世界市民としての一体感をどのように育てていくのかが我々の課題となっています。 そして、東アジアでは、急速な経済発展とともに新たな地域間格差が拡大する中、世界第2位の経済大国となった中国、世界経済で重要な役割を果たすようになった韓国、アジアの発展を先導した日本、そして多様性の中の統一を目指すアセアンの国々などが、経済分野での連携を強めています。 そこで、アジア共同体の創生を目指す本講座では、アジアと日本の間で長い活動経験を有する内外の諸先輩を講師に迎え、これからの世界を担う日本人学生とアジアからの留学生及び、関心を同じくする市民とともに、その声に耳を傾け、これからのアジアと世界のあり方、日本が果たすべき役割について共通認識を深めたいと考えています。

各回のタイトルとゲスト

10月7日

「タイとアジア共同体」
バンディット・ロートアラヤノン(泰日工業大学副学長、元TPA事務総長、東京工業大学卒・工学博士)

10月14日

「アジア共同体と再生可能エネルギー開発」
カマルディン・アブドゥラ(ダルマ・プルサダ大学前学長、東京農工大学卒・修士、東京大学大学院修了・工学博士)

10月21日

「ベトナムとアジア共同体」

グエン・ドク・ホーエ(ベトナム・ドンズー日本語学校校長、京都大学卒・東京大学大学院修了・核物理)
都合により講師が変更になりました。
フィン・ムイ(タンロン技術学院学院長、タンロン大学元学長、東京大学卒、東京大学大学院修了・理学博士)

10月28日

「バングラデシュとアジア共同体」
モアゼム・フセイン( バングラデシュ・日本商工会議所専務理事、前AOTSダッカ事務所長、 東京大学卒・工学博士)

11月11日

「アジア地域における原子力エネルギー分野での日印協力」
アショク・チャウラ(インド国立科学コミュニケーション情報資源研究所(NISCAIR)研究員・教員、 立命館アジア太平洋大学客員教授、東京大学・国立国語研究所研究留学)

11月18日

「シンガポールとアジア共同体」
ウォン・メン・クアン(元駐中国シンガポール大使、元駐日シンガポール公使、東京水産大学卒)

11月25日

「中国とアジア共同体」
劉 鋒(一般社団法人アジア現代経済研究所理事長、東京都立大学卒・経済学博士) 

12月2日

「EUとアジア共同体」
ヘン・フ・チョン(元ボン大学アジア研究所講師、京都大学卒・東京大学生産技術研究所研究留学)

12月9日

「韓国とアジア共同体」
崔相龍(法政大学特任教授、元駐日韓国大使、東京大学大学院・国際政治学博士) 

12月16日

「アジアの未来」
杉浦正健(弁護士、元法務大臣・内閣官房副長官・外務副大臣(小泉内閣)、財団法人アジア学生文化協会(ASCA)・財団法人海外技術者研修協会(AOTS)創設に参画、東京大学経済学部卒) 

1月6日

「ERIAとアジア共同体」
西村英俊(東アジア・アセアン経済研究センター(ERIA)事務総長)

1月13日

「アジアの友」 小木曽友(財団法人アジア学生文化協会(ASCA)理事長)

1月20日

「東アジア共同体をどうつくるか」
進藤栄一(国際アジア共同体学会(ISAC)代表 、筑波大学名誉教授)
「アジア共同体への道」
佐藤洋治(ワンアジア財団理事長)

聴講申込みについて

開講期間: 平成23年10月7日(金)~平成24年1月20日(金)
開講日時: 毎週金曜日 4時限(14:40~16:10)
参加費用: 無料
参加方法: 下のフォームから申込み(9月16日(金)午後5時〆切)
募集定員: 先着130名

 <申込みフォーム>

お問合せ: 嘉悦大学 教務センター

〒187-8578 小平市花小金井南町2-8-4
TEL:042(466)3711