ホーム > 新着情報 > 平成23年度春学期卒業式が行われました

新着情報

平成23年度春学期卒業式が行われました

2011/10/04

平成23年9月26日(月)、平成23年度春学期卒業式が行われました。春学期の卒業生総数は、経営経済学部6名、短期大学部3名の合計9名で、このうち4名が式に出席しました。

加藤学長から卒業生一人ひとりに学位記が授与され、そのたびに臨席の教職員から大きな拍手が送られていました。

加藤学長は、式辞の中で次のように卒業生に語りかけ、激励しました。
「皆さんの卒業には3つの意味があります。
まず、ふるさとができたということです。皆さんが今後困ったことにぶつかったとき、大学に戻って来れば知っている人がいます。その人と話すことで困ったことを解決することができます。ぜひ巣立った森に帰ってきてほしいと思います。
次に、これから先、いろんな苦労を味わうことになると思いますが、人間必ず一度は花を咲かせるときが来ます。そのときこの大学のことを思い出してください。その花を手に、幸せを感じてください。
最後に、皆さんの努力は卒業につながっています。この努力を基礎として人生いつまでも勉強し続けてほしいと思います。
これら3つの卒業の意味を味わい、学位記を大事に保存してください。これから大いに活躍してほしいと願っています。」