ホーム > 新着情報 > 7月21日「私立大学キャンパスシステム研究会」にて本学学生スタッフの活動を紹介しました

新着情報

7月21日「私立大学キャンパスシステム研究会」にて本学学生スタッフの活動を紹介しました

2011/07/29

7月21日(木)本学A212教室にて「私立大学キャンパスシステム研究会」第四分科会が開催されました。分科会のテーマ「学生とつながる」の事例紹介として、本学学生スタッフの活動を紹介しました。
本学は「働ける大学」として、キャリアアシスタントや授業アシスタント(SA、TA)、オープンキャンパススタッフなど、さまざまな業務やイベントで学生スタッフが活躍しています。
今回は、図書館学生スタッフ(Liss)やPCのヘルプデスクスタッフの取り組みを、実際に働いている学生スタッフが紹介するという、貴重な機会をいただきました。

【事例紹介プログラム】
・嘉悦大学の概略~「働ける大学」とは
・学生による紹介:Liss 経営経済学部2年 三田悠司
・学生による紹介:ヘルプデスク 経営経済学部3年 新木千晴
・「働ける大学」で働く  情報メディアセンター センター長 遠山緑生
                                    図書グループ長 山田かおり

学生スタッフは、業務の概要、他大学・企業見学や広報の方法、講習会の実施等、本学特有のイベントについての報告をしました。また、教職員や他スタッフとの繋がりができた、知識が身についた、グループで活動する力がついた等、働いて良かったことを学生自身が伝えました。

教職員からは、「働ける大学」の概要、単なるアルバイトではなく、学校を良くしたいというボランティア精神が必要であること、学生を信じ、自主性を最大限尊重することの重要性等をお話しました。

事例紹介の後は、施設見学を行い、図書館、ヘルプデスクにて実際に働いている姿を参加者の方々に見ていただきました。また、特徴的な教室であるKALC(Kaetsu Active Learning Classroom)、24時間キャンパスを行っているラウンジの見学を行いました。

参加者の皆様からは、「学生のモチベーションを維持する工夫は?」「実際の入館者は増えたのか?」等のご質問をいただき、学生スタッフを交えながらディスカッションを行いました。また、「学生を活用した試みの理想的な姿である」「参考になる研究会だった」との感想をいただきました。ディスカッションでは、他大学の取り組みをお聞きすることができ、本学にとっても有意義な研究会となりました。

  

 

 

 

【参考URL】
私立大学キャンパスシステム研究会・第四分科会 http://www.csken.or.jp/cs4/bunkakai4.html
Lissブログ http://liss.kaetsu.ac.jp/
Liss twitter http://twitter.com/#!/liss_kaetsu
ヘルプデスクtwitter http://twitter.com/#!/kaetsu_helpdesk
学生活動・プロジェクト http://www.kaetsu.ac.jp/cl.html
24時間キャンパス・KALC(Kaetsu Active Learning Classroom) http://www.kaetsu.ac.jp/learn_env2.html