ホーム > 新着情報 > 嘉悦大学にて公共選択学会開催(7月2・3日)

新着情報

嘉悦大学にて公共選択学会開催(7月2・3日)

2011/06/09

2011年7月2日(土)・3日(日)の両日、嘉悦大学(東京都小平市)を会場に公共選択学会第15回大会が開催されます。
本年2月に逝去された公共選択学会第二代会長である黒川和美・法政大学教授の追悼セッション、八田達夫・大阪大学名誉教授による講演、升永英俊・弁護士らを迎えてのシンポジウム「一票の平等」、竹中平蔵・慶應義塾大学教授らを迎えてのシンポジウム「再挑戦すべき構造改革:後退する民営化」、そして9つの分科会セッションと内容の濃いプログラムになっております。プログラム委員長は跡田直澄・嘉悦大学副学長が務めました。
シンポジウム「再挑戦すべき構造改革:後退する民営化」は公共選択学会初代会長である加藤寛・嘉悦大学学長が座長を務め、高橋洋一・嘉悦大学教授も登壇します。
詳細は下記の大会ホームページをご参照ください。

【シンポジウム】
3日午前「一票の平等」
3日午後「再挑戦すべき構造改革:後退する民営化」
【分科会テーマ】
A.政党・選挙
B.政策形成
C.構造改革
D.地方自治・官僚制
E.環境
F.社会保障
G.民主主義
H.財政金融政策
I.地方財政
【大会ホームページ】  https://sites.google.com/a/kaetsu.ac.jp/publicchoice2011/
【お問い合わせ】大会事務局まで  pc2011-g@kaetsu.ac.jp
※プログラムへの参加は公共選択学会員であることが条件となります。

以 上