ホーム > 新着情報 > 平成24年度以降の嘉悦大学の教育体制について(嘉悦大学短期大学部の学生募集停止のお知らせ)

新着情報

平成24年度以降の嘉悦大学の教育体制について(嘉悦大学短期大学部の学生募集停止のお知らせ)

2011/06/03

 嘉悦大学では、平成24年度より教育体制のさらなる整備・充実に取り組みます。教育体制の柱に加わるのが、ビジネス創造学部(設置届出中)の創設、そして大学院には博士課程(設置認可申請中)の増設という大きな展開が図られます。これにより、大学から大学院博士課程まで学士・修士・博士号の取得可能となり、高等教育機関としての体系が整い、基礎教育からより深い専門的な分野を修得・研究する事ができる体制が確立することとなります。

 一方、嘉悦大学の礎である短期大学部は、平成24年度以降学生募集の停止を行うこととなります。短期大学部につきましては、昭和25年に当時の学制改革により日本女子経済短期大学として発足し、昭和57年4月に嘉悦女子短期大学、平成13年4月に嘉悦大学短期大学部と名称を変更し今日に至っております。その間、専門の学芸を教授研究し職業又は実際社会に必要な能力の育成を遂行すべく、発足当時は商科を設置し、その後は、その年代に即応する学科として、昭和50年に経済学科、平成5年に経営情報学科、そして平成17年に今日のビジネスコミュニケーション学科に改組して、学事と財務の持続的調和に努めてまいりました。女性公認会計士第一号も本学の出身者であります。

 しかし、高等教育における私立短期大学の実情は、18歳人口の激減に伴い真に厳しく、また女子のめざましい社会進出などの要因から、受け手側の企業求人数が減少し、就職に強い嘉悦短大のブランドイメージが薄れ、志願者が年々減少する状況になりました。このような背景から、短期大学部は平成24年度に募集を停止し、「社会の架け橋」の役割を前述の嘉悦大学ビジネス創造学部(設置届出中)に託し、発展的に解消をすることとなります。

 なお、短期大学部は在籍者が全員ご卒業されるまで存続します。その間は、現行通り教育を全うしますことを申し上げるとともに、在学生には、積極的に、さらに高次の4年制大学に進学することをすすめたく存じます。

 短期大学部の学生募集の見送りは、嘉悦大学を規模的にまた質的に高める発展策とご理解賜わり、平成24年度を嘉悦大学が飛躍します礎の年としたく念じております。学園創設者嘉悦孝の「怒るな働け」の建学の精神は、永遠に継承してまいります。

嘉悦大学学長 加藤寛