ホーム > 新着情報 > 平成22年度 ベスト・ティーチャーが発表されました。

新着情報

平成22年度 ベスト・ティーチャーが発表されました。

2011/05/26

本学では平成20年度から、学生たちの声を反映した「ベスト・ティーチャー賞」を設けています。これは、全学アンケートを通じて学生たちの視点から「よい授業」だと思う科目と教員を挙げてもらい、「ベスト・ティーチャー(優れた教員)」を選出するものです。この試みは本学のFD(ファカルティー・デベロップメント、大学教員の教育能力を高めるための実践的方法のこと)の一環として行われています。

平成22年度は以下の教員が「ベスト・ティーチャー」を受賞いたしました。

【平成22年度ベスト・ティーチャー】
■少人数部門
春学期:1位 米山 一朋 2位 河村 玲子
秋学期:1位 河村 玲子 2位 米山 一朋

■中人数部門
春学期:1位 平田 貴 2位 田島 悠史
秋学期:1位 木幡 敬史 2位 田島 悠史

■カエツホール(大教室)部門
春学期:1位 和田 耕治
秋学期:1位 生井 良一

※受講者の数の大小も選考に影響するため、履修者数「30名以下」「30名超」「大教室(カエツホール)」の3種類に分類し選出しました。

 ベスト・ティーチャー賞は、教員同士がお互いに「切磋琢磨」する意欲を生み出します。また、学生の声が授業作りに直接反映されるため、教員だけでなく学生にとっても役立ちます。
今後も嘉悦大学では、学生たちが充実した時間を大学で過ごせるよう、様々な試みを通じて教育力向上に全力で取り組んでまいります。