ホーム > 新着情報 > 図書館主催 第2回「コメント大賞」の受賞作品が決定しました

新着情報

図書館主催 第2回「コメント大賞」の受賞作品が決定しました

2011/04/26

情報メディアセンター図書館主催の第2回「コメント大賞」の受賞作品が決定しました。受賞者には、賞状と副賞の図書カードを贈呈しました。

「コメント大賞」は、「読」んで「書」くことにより、学生に本に親しんでもらうことを目的として、2009年度から実施しています。今回は、コメントの応募方法に、従来の応募用紙に加え、新たな試みとしてTwitterのハッシュタグ機能を利用しました。

応募総数24点のコメントから、1次審査、2次審査を経て、受賞作品が決定しました。

■ベストコメンテーター賞  

・経営経済学部4年 熊野理佳子
『くたばれ!就職氷河期』(常見陽平著、角川SSC新書)

■優秀賞 

・経営経済学部1年 宇津原祐
『ポケットに名言を』(寺山修司著、角川文庫) 他1名

■Liss賞(Library student staff(=図書館学生スタッフ)によって選考されました。)

・経営経済学部2年 中山綾希子
『ディズニーランド流心理学』(山田眞著、知的生きかた文庫)

図書館では、今後も、学生が本に親しんでもらえるような企画を実施していきます。

【関連情報】
読書週間企画「あなたの読書魂に火をつける!」(情報メディアセンターWebページ内)
http://imc.kaetsu.ac.jp/events/20101101