ホーム > 新着情報 > 平成23年度「嘉悦大学・嘉悦大学短期大学部 入学式」が挙行されました。

新着情報

平成23年度「嘉悦大学・嘉悦大学短期大学部 入学式」が挙行されました。

2011/04/20

平成23年4月16日(土)、平成23年度「嘉悦大学・嘉悦大学短期大学部 入学式」が本学体育館にて挙行されました。本年度の入学生総数は、経営経済学部321名、短期大学部55名、3年次編入18名の合計394名でした。

開式の前に、東北地方太平洋沖地震で犠牲になられた方々への哀悼の意を表して全員で黙祷を捧げると共に、被災地の一刻も早い復興をお祈りいたしました。

はじめに、学校法人嘉悦学園の嘉悦克理事長と、小平市長の小林正則氏より祝辞を頂戴しました。嘉悦克理事長は、「若い力が東日本大震災の復興を支え、苦難を乗り越えて日本の将来を担っていくことと信じております。」と入学生への期待を述べ、小平市長小林正則氏は、「学生生活は将来を大きく左右する人生の旅立ちであり、青春を謳歌すると共に、自分自身の価値観をしっかりと把握し、目的意識を持って何事にも意欲的に取り組んで勉学に励んで下さい」と語り、入学生を激励しました。

次に、校訓「怒るな働け」を具現化し、本学発展に貢献した学生へ贈られる嘉悦賞の授与が行われ、表彰された5名の学生の功績が紹介されました。

続いて在校生代表福島志保美さんによる歓迎の辞、新入生代表篠原夏耶さんによる入学生宣誓がありました。篠原夏耶さんは「この困難な時代を切り拓いていくのは私たちです。嘉悦大学で幅広い知識と技能を習得し、社会性を身につけ、日本の復興と発展に貢献できる人間になりたいと考えております。校訓に恥じることのないよう更なる発展を目指して努力します。」と力強く誓いました。

式辞として加藤寛学長は「本学の教育は最新の情報通信基盤の上になりたっているので、ノートPCが揃うのを待つ等の理由で授業開始が2週間遅れました。震災の影響により皆さんにはこれからも厳しい状況が待ち構えていますが、負けずに困難を乗り越える意欲を持ち続けてください。嘉悦賞を受賞した先輩たちに習って、自分が本当にやりたいことを探し出し、自分でできることに努力を惜しまないでください。卒業するまでにたくさんの本を読み、人生の指標となるような本と出会ってください。本を読むことは自分の心を成長させることです。また皆さん方には、少しでも早く友だちを見つけてほしいと願っています。今日からここに新しく故郷ができたと思って有意義な学生生活を送ってください。」と語り、入学生を歓迎しました。

入学生の皆さん、ご入学おめでとうございます。改めまして教職員一同心よりお祝い申し上げます。