ホーム > 新着情報 > 平成23年度「嘉悦大学大学院 入学式」が挙行されました

新着情報

平成23年度「嘉悦大学大学院 入学式」が挙行されました

2011/04/19

平成23年4月16日(土)、平成23年度「嘉悦大学大学院 入学式」が挙行されました。
中小企業経営・支援や地域経済を教育研究の中心に据えた大学院ビジネス創造研究科(修士課程)、その第二期生となる本年度新入学生は11名です。

式辞の中で加藤学長は、まず、
「本学大学院で新しい学問を身につけ、社会で新しい道筋をたて実践する人となって下さい。皆さんの中から日本、アジアの将来を切り拓く人物が出てくれることを期待します」と述べました。さらに、ケンブリッジ学派の高峰にして厚生経済学を確立したピグーの言葉、「Gradualness implies action, and is not a polite name for standing still.(※「だんだんと地道にやる」ということは「前進している」ということであり、何もしていないことをさし示すものではない。)」を引用し、「自分の研究を地道に続け、努力していくことは必ず学問全体の水準をあげることになり社会に役立つものとなります。大学院で研究し自分の力をつけることは、学問全体の発展を促すことを信じてください」と、研究者の卵たちを勇気づけました。

嘉悦克 学校法人嘉悦学園理事長からは、祝辞として、
「創立来の、嘉悦学園の実務教育の精神を受け継ぐ大学院で研究に打ち込み、日本に留まらず世界に貢献できるように研鑽して下さい。意義のある大学院生活となることを祈ります」と激励しました。

最後に新入生代表からは、「ビジネス創造研究科で新しい学問を研究し、その学問成果が日本社会の革新に役立つよう、二期生が互いに切磋琢磨し、志(こころざし)を高く持って日々精進します。責任と誇りを持ち、新しい歴史をつくる決意を持つことを宣誓します」と力強く決意表明がなされました。